彼氏がいてもモテる女子、正直うらやましいですよね。

しかし、それが「エセモテ女子」となると話は別です。
エセモテ女子とは、彼氏がいるにも関わらず、男子をひっかけてモテ気分を味わおうとする女子のこと!
あなたのまわりにも、そんな迷惑なエセモテ女子はいませんか?

今回はそんなエセモテ女子の生態について、詳しく見ていきたいと思います。

(1)彼氏がいることを隠す

『彼氏いるのにチヤホヤされたいからって、存在を隠すのは悪いよね』(26歳/コンサル)

彼氏がいる女子はふつう「彼氏いるの?」ときかれたら「います」と答えるはずです。
しかしエセモテ女子は、その質問に対して堂々と「いません♪」と答えるのです。

エセモテ女子にとって、彼氏の存在を隠すことは基本中の基本。
ひとりでも多くの男子からモテたいので、そのためには彼氏がいるとばれたら邪魔だと思っています。
中には「別れたばっかりで……」などと嘘をつき、男子の気を引こうとする非道なエセモテ女子も!

(2)チヤホヤされて承認欲求を満たす

『承認欲求を満たそうとしてるのがバレバレで白ける』(27歳/マーケティング)

とにかくチヤホヤされたいのがエセモテ女子です。
注目されたい、自分が話題の中心にいたい、男子からアプローチされたい。
学校だろうが会社だろうが、お構いなしにそんな欲望をたぎらせています。

数人で話しているとき、自分の知らない話題になると不機嫌になる女子っていますよね?
その女子にはエセモテ女子の素質があると言えるでしょう。

なぜ彼氏がいるのにわざわざモテようとするかというと、満たされたいからなのです。
チヤホヤされることでしか承認欲求を満たせない、ある意味かわいそうな女なのですね。

(3)いけそうでいけない感を演出

『アプローチするだけ時間の無駄でした』(30歳/営業)

エセモテ女子は、自分を気にしている男子やアプローチしてくる男子が現れたら、できるだけ生かさず殺さず、長く楽しもうとします。
そのために、相手の気持ちを離さないよううまく「いけそうでいけない感」を演出するのです!

いけそうでいけないという焦らされる状況は、本来ならばふたりの恋を後押しするもの。
しかしエセモテ女子は、相手を翻弄するためだけにこの演出を使います。
押せばいけそうかも!?と思った男子はついついエセモテ女子を追いかけ、後で泣く羽目になってしまいます。

(4)アプローチされたことを彼氏にチクる

『自分からアプローチくるように仕向けといて、最後の最後で彼氏登場はエグすぎる……』(24歳/メーカー)

エセモテ女子の一連の行動は、ここまででワンセットです。
エセモテは、彼氏を燃え上がらせるための着火剤に過ぎないのです。

「○○くんからアプローチされちゃった!」だけならまだしも、「○○って言ってたよ」「○○に誘われた」などなど、言う必要のないことも彼氏に報告します。
彼氏は○○くんと知り合いならケンカになるかもしれませんが、エセモテ女子にはもちろんそんなこと関係ありません。
彼氏は嫉妬心や対抗心に駆られ、もっと彼女を自分に惚れさせなければ!と努力するようになります。

また彼氏は「彼女がモテている」というほんの少しの満足感も覚えるため、ますますエセモテ女子にハマっていきます……。
そうして、エセモテ女子に彼氏もまた翻弄されていくのです。


「エセモテ女子」の特徴、いかがだったでしょうか。
意外とあなたの身近にもこんな女子、いるのではないでしょうか?
好きな人や彼氏を盗られないよう、じゅうぶんに注意して、なるべく近づかないようにしてくださいね!

(文/恋愛jp編集部)