2017年の秋冬はどんなカラーが流行るのでしょうか?
「カラーを制する者はファッションを制す」と言いますから、トレンドカラーを抑えるのはお洒落の必須条件。
今回は、「2017秋冬に抑えておきたいトレンドカラー」について紹介します。

(1)ネイビー

『ネイビーは何にでも合うから最高ですよね』(25歳/企画)

2017年秋冬のトレンドカラーはネイビーです。
ネイビーといえば馴染みのある色で、着回しや重ね着にも使いやすい色といえるでしょう。

ネイビーは普段のファッションだけでなくセーラー服やブレザーなど、学校の制服で多く取り入れられており、学生時代にはネイビーの制服に袖を通したことがある人は多いでしょう。

アウターにしても、インナーシャツにしても、パンツやスカートにしても映える色であり、1着は持っていて損はないカラーの服でしょう。

(2)パワーレッド

『差し色に使いたい色ですね。秋冬は暗い色に偏りがちなので、ありがたいです』(24歳/看護師)

2017年のトレンドカラーにあるパワーレッドですが、こちらは鮮やかでパワフルな印象です。
服に取り入れてもいいですし、バックや靴など小物に取り入れても映える色です。

パワーレッドの色がちょっとあるだけで、力強く、明るい気持ちになれるでしょう。
パワーレッドは、黒やグレー、ホワイトなども愛称がいいので、これからの季節はマフラーや帽子と合わせてもいいですね。

レッドという色は、どんなに小さいものでもそれ一つあるだけで華やかさを演出できるパワーある色です。
たとえばネックレスやピアス、イアリングなどで赤色を着飾るのもよいでしょう。

(3)チェック柄

『チェックはお洒落な雰囲気を簡単に纏えるので、よく着てます』(27歳/金融)

チェック柄は2017年のトレンド柄といわれていますが、チェック柄とは普段から愛用されることが多い愛着ある柄です。
アウターやインナーだけでなく、マフラーなどにも取り入れられ、チェック柄というだけでシンプルな服が少しカジュアルやフェミニンに大変身するので1着は持っておきたい柄です。

またシンプルな服にマフラーやスカーフのワンポイントとして使用しても良いでしょう。
チェック柄の服の種類は豊富にあり、生地の色合いを変えてみたり、アウターやスカート、パンツなど着る服によっても雰囲気は変わります。

(4)ボタニカル

『レトロな感じが大人っぽくて好きです』(23歳/飲食)

女の子が好きな柄といえば、その一つに花柄がありますが、2017年の秋冬トレンド柄ボタニカル柄です。
ボタニカル柄とはレトロな花柄のことをさし、ボタニカル柄のワンピースだとそれ一着だけでも華やかで、女らしい雰囲気になります。

ボタニカル柄は色合いや、レトロ感の違いだけでも雰囲気はガラッと変わる為、華やかな感じのボタニカル柄に挑戦したいのであれば、生地の色は白色と明るいイメージのものにして、落ち着きたイメージにしたいのであれば、グリーンやベージュなど、落ち着いた色合いのボタニカル柄の服を選ぶと落ち着いていてシックな装いになるでしょう。


いかがでしたか?
今年のトレンドカラーをばっちり抑えて、秋冬のお洒落を楽しんでいきましょう!

(文/恋愛jp編集部)