相手のことが大体は分かっちゃうのがデートです。
男性が頑張って立てたプランでも、女性には最悪な恐怖のデートの幕開けになる可能性も…。

そこで今回は女性が体験した「人生最悪のデート」にまつわるエピソードをご紹介します。

(1)趣味を押し付けてくる

『初めてのデートで向こうの趣味につき合わされた。
CD店で向こうの好きな歌手の視聴をえんえん付き合わされたげく、貸してほしいと一言も言っていないのに持ってきていたCDを強引に借りさせられて、メールで聞いたかどうかや感想などをしつこく聞かれた。
次に会った時にCDは全て返してお別れしました』(25歳/看護師)

(2)ホテルに直行!

『出会い系サイトで知り合った男性に会って直ぐにラブホテルへ連れて行かれ、そのデートは体の関係だけだった事です。
やはり女性としてはきちんとしたデートをしたかったのでテンションが下がりました』(28歳/主婦)

(3)パチンコではじまりパチンコで終わる

『お互い忙しくてなかなか会えなかった彼氏とのデートでパチ屋に連れてかれました。
お互い趣味としてスロットやパチンコは普段しているのでつまらないわけではないですが、久々にあったのにパチ屋はないと思いました。
パチ屋なら先に行くと言ってくれれば心構えができました』(30歳/経理)

(4)勝負服がジャージ

『同い年の彼氏とクリスマスどこか行こーというノープランのデート時、まさかの全身ジャージで来て、遊び代とかすべて私が支払うと言う最悪なデートでした』(21歳/学生)

(5)お金にうるさい

『初デートが安すぎる居酒屋さんでした。
しかも、一円単位で割り勘でした』(32歳/銀行員)


いかがでしたか?

想像しただけで身震いするほど、恐怖の連発ですよね。
せっかくのお洒落もパチンコ屋に連れていかれたら台無し!
前もって、ここに行こうと女性から提案してもいいかもしれませんね。

(文/恋愛jp編集部)