こんにちは、コラムニストの玉恵です。
学生時代、恋愛を沢山してきましたか?

部活ばかりやっていた?
バイトばかりしていた?

若いうちにあれこれやっておけば良かったと思った時にはもう遅いですよね。

(1)まじで言ってる場合か!学生のような恋愛願望が止まらない!

『今彼も居て、正直もういい歳。
アセらなくてはいけないと思うのに、結婚に踏み切れません。
学生のような恋がしたいんです。
イタい?イタいですよね?
でも、学校で人気者に恋をしたり、好きな男子の部活を見たり、バレンタインにはチョコレート作って待ち伏せとかしてみたかった』

学生の時は恋愛しなかったんですか?

『女子校だったので』

ああ、それはどうしょうもない。

『そうなんです!
正直行く学校間違ったなって最近思うんです。
若い時にもっとちゃんと恋愛してたら良かったな。
適当に付き合って、適当に同棲して、成り行きで別れて。
泣くほどの恋愛って未だしたことない…』(36歳/経理)

泣くほどの恋愛をしないまま、一生を終える人も居ると思います。
今の彼を逃しても後悔が無いのならいいのですが。

(2)もっと部活しておけば良かった、取り戻せないけれど返して欲しい青春

『私は学生の時、しょうもない大学生とかと付き合ってちゃらちゃらして居ました。
でも、高校野球とかカーリングのドキュメンタリーとか観て、死ぬほど羨ましい。
もっと部活とか、打ち込める何かを見つけておけば良かった。
今結婚が決まっていますが、とてもくだらなく思える。何やってんだろ、みたいな』

えっ、おめでとうございます?

『いや、迷っています。部活のような青春ってもう戻らないけれど、それに匹敵する何かがあるのではないかと思って』

マジですか。
例えば?

『わかりません。でも、後悔しかない。
どうしてもっと色々なことをしなかったんだろうって。
あの時は、ちゃらちゃらしているのがカッコいいって思いこんでいた…』(37歳/技術)

マリッジブルーのような気もしますが。

(3)バンドやればよかった…。やりたくてやらなかった後悔が重い

『私は高校の時友人とバンド組みたかった。
でも、笑われると思ってやらなかった後悔に苦しめられています。
先日出席した結婚式で、新郎側の友人と新郎が学生時代バンドやっていたみたいで、演奏をしたんです。
すごく仲が良くて、楽しかったんだなっていうのが伝わって来て。
感動ではなく、羨ましさと悔しさで号泣してしまいました。
付き合っている彼も長いからそろそろ結婚だよね、って話しも出ますがなかなか過去の後悔が振り払えない…』(32歳/専門職)

こちらも引きずっていますね。

スポーツやバンド、やりたいことや苦難に立ち向かっている姿はとてもキラキラ。
見ていてもわくわくしますし、元気も貰えます。

それ故に、羨ましく自分のやらなかった後悔が際立つのかもしれません。
ですが、もう高校には戻れません。

今の彼を大事に。
そして、これからキラキラ出来る何かに打ち込んで下さい。

●ライター/玉恵(ダメンズ専門家)