見ちゃったものは仕方ないですが、友人や上司のエッチはできれば見たくないもの…。
次に会った時の気まずさは、えげつないですよね。

そこで今回は「他人のエッチを見てしまった瞬間」にまつわるエピソードをご紹介します。

(1)漫喫のお隣

『漫画喫茶で始発待ちで仮眠を取っている時に隣のブースでヤり始めました。
もちろん赤の他人です。
眠い時に、気持ち悪いことすんな、と思ってしまいました』(31歳/人事)

(2)宅飲みで

『飲み会後に宅飲みで先輩の家に行ったら、先に行ってた先輩2人がエッチしてました。
見てない振りして外に出ました』(28歳/AD)

(3)放課後の教室

『高校生の時、放課後の18時過ぎの事でした。
1学年上の先輩に用事があったので先輩の居る教室へ向かっていると、隣のクラスの誰もいないはずの暗い教室から物音が。
不思議だけど、おばけかもって思って先輩を呼びに行って一緒に隣のクラスのドアを開けたらヤッてるカップルがいました。
先輩のお友達だったみたいです。
正直、羨ましいと思いました』(32歳/自営業)

(4)公園

『中学生のときに自宅近所の公園で塾帰りに見かけてしまったことがあります。
酔っぱらっていたのか、公園で砂まみれになりながらもつれる男女にびっくりして逃げ帰ってしまいました。
一瞬見てはいけない、砂かけババアが存在したのかと思いました』(22歳/学生)

(5)駅のトイレ

『駅のトイレで、個室に入ろうとしたら、真っ最中だった。
驚いて、違うトイレを探して見て見ぬふりをしました。
場所をわきまえて欲しいと思いました』(25歳/調理師)


いかがでしたか?

漫画喫茶の隣で、BGMがいやらしい声だったら、漫画の内容なんて全く入っていきませんし、くつろげないですよね。

どんなに彼とイチャイチャしたくても、公共の場は見られる危険性大!
場所には、気を付けたほうがいいかもしれませんね…。

(文/恋愛jp編集部)