元カレと復縁したいと思ったとき、ケンカ別れした彼が何を考えているのか気になりますよね。
ケンカ別れした後の男性心理を知ることは、復縁をするヒントとして役立ちます。

そこで今回は、“ケンカ別れした後の男性心理”&“効果的なアプローチ”についてご紹介いたします。

(1)ケンカした怒りが収まらない

『ひたすらムカついてます』(27歳/広告)

ケンカ別れした後の彼は、彼女への怒りが収まらず、ずっとイライラしているような状態です。
男性は女性に比べて気持ちの切り替えが苦手で、ケンカした怒りをすぐに忘れることは出来ないのです。
仕事をしていても彼女への怒りが忘れられず、作業も手に付かないような状態になることも。

こんな状態のときに復縁を切り出しても火に油を注ぐだけなので、ケンカ別れして間もない頃は彼をそっとしておくのが正解です。

(2)ケンカしたことを後悔し始める

『なんであんなくだらないことでムキになっちゃったんだろう?っていつも後悔してます』(31歳/企画)

少し時間が経ってくると、彼はあなたとケンカしたことを後悔し、反省し始める時期に入ります。
「どうしてあんなことを言ってしまったんだろう」「もう少し優しくしてあげれば良かった」と、その頃には怒りはほとんど消えています。

個人差もありますが、だいたい1~2週間くらいで彼の怒りは収まってきます。
ただ、まだ完全に元カノへの悪い印象が消えたわけでは無いので、この時期に復縁をするのは難しいでしょう。

(3)元カノの近況が気になってくる

『何してるのか気になるから、連絡する時もある』(32歳/コンサル)

だいたい怒りが収まり、ケンカの反省もした後は、元カノの近況が気になってきます。
今はSNSなども普及してきているので、元カノのことを調べるのも比較的簡単です。

別れたとはいっても、彼女のことをズルズルと気にしてしまうのが、男心というものなのでしょう。
元カノの近況を友人に聞き出そうとする男性もいるので、あなたの耳に入ることもあるかもしれません。

ただ男性はプライドの高い人が多く、この時期はまだ気持ちの整理が付いていないため復縁には微妙なタイミングです。

(4)少しずつ前に進もうとする

『いつまでも気にしていたってどうしようもないので、前に進めるよう頑張ります』(30歳/不動産)

個人差がありますが、だいたい3ヶ月から6ヶ月くらいで、男性の気持ちも吹っ切れてきて前向きになり始めるようです。
この頃になると、元カノへの悪い印象もほとんど無くなっているので、復縁を迫るならこのタイミングがチャンス!

まずは、恋人としてではなく友達関係から、もう一度始めることをおすすめします。
彼とケンカした原因が解決していなければ復縁は難しいので、その辺もよく考えおきましょう。


復縁をするときに大切なのは「冷却期間」です。
相手に負の感情が残っているときは無理に追わず、あまり関わらないようにしましょう。
連絡をする時も、あくまで友達の様にさりげなくメールするようにして、「復縁したい」という気持ちを前面に出さないことをおすすめします。

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)