セックスで、予想外のことが起きてしまい戦意喪失に…。
こんなはずじゃなかったと、恐怖でフラッシュバック何てこともとあるみたいですよ。

恐怖で、フラッシュバック何てことも

そこで今回は男性に聞いた「エッチにおけるトラウマ」にまつわるエピソードをご紹介します。

(1)コンドームが小さい

『用意したコンドームが小さくて、入らず、挿入出来なかったから、毎回コンドームわ着ける時に緊張するほどのトラウマになっています。
自分でコンドームを用意する場合は良いのですが、ホテル等に置いてあるものを使う時は緊張します』(26歳/製薬会社)

(2)器の臭いがきつすぎる

『相手の性器の臭いがきつすぎて、やってる最中に勃起不能になったこと。
いきたい時に我慢していかないでいると、いきたい時にいけなくなる』(29歳/運転手)

(3)女装させられた

『エッチで女装させられた。
女装するのは、女の子だけでいいと思いました』(30歳/自営業)

(4)フェラが下手

『下手くそなフェラをされて暫く痛みました。
その一件があるせいか、今でもフェラされる時は少し身構えてしまいます』(25歳/飲食)

(5)お酒の飲みすぎで

『酒の勢いを借りてエッチまで持って行けたけど中折れして最後までできなくて恥ずかしいし自信が無くなった』(29歳/IT)


いかがでしたか?

今回のアンケートで一番多かった答えが、「最中に、萎えてしまったこと」でした。
中には「初体験が逆レイプで、一時は女性恐怖症になりました」という男性の意見も。

セックスが原因でトラウマになんてならないように、雰囲気作りが重要なポイントなのかもしれません…!

(文/恋愛jp編集部)