聞き上手は恋愛上手。相づちは相手に好感を与えるための大切なスキルです。
どのような相づちが男性に好まれるのでしょうか。
モテる女性の相づちテクニックを真似して、モテ女を目指しましょう。

(1)「すごーい!」

『我を褒めたたえよ』(28歳/広告)

「すごーい!」という女性の反応は、男性心理をくすぐる相づちの1つ。
褒められているという優越感と、女性が自分に興味を持ってくれてることに喜びを感じるのです。

たとえ男性の話がつまらなかったとしても、笑顔を絶やしてはいけません。
褒めて欲しそうな話題の時は、笑顔で「すごい」という一言を添えてみましょう。
きっと男性もあなたのことを意識するはずです。

(2)「さすがだね」

『さすがだろ?』(25歳/アパレル)

「さすが」と言われれば、誰でも嬉しい気持ちになりますよね。
異性からなら尚更嬉しいはず。

男性は女性から「さすがだね」と言われることで、男のプライドを満たせます。
この子と話すと楽しいという感情から、徐々に気になる存在へと変化をしていきます。

これぞモテ女の相槌テクニックといえるでしょう。
男性に気持ちよく話してもらうことが、モテ女への近道なのです。

(3)「それでどうだったの?」

『自分の話に興味を持ってくれてるのが伝わるので、話しやすい』(27歳/マーケティング)

「それでどうだったの?」という反応は、「あなたに興味があります」ということを伝えることができる相づちテクニックです。
もっとあなたの話を聞きたい、もっと一緒に話したいという女性側の気持ちが伝わり、男性も楽しくお話できます。

しかし、相槌のタイミングが早すぎると話を急かしているイメージを与えてしまうこともあります。
あまり興味のない話題だとしても、耳を傾けることは忘れずに。
タイミング良く「それでどうだったの?」という相づちがうてれば、モテ女への道のりはそう遠くないかもしれません。

(4)「もっと聞かせて」

『いくらでも話しちゃうよ』(32歳/営業)

話好きな男性には「もっと聞かせて」という相づちが効果テキメンです。
ダイレクトに「あなたに興味がある」ということを伝えられる為、男性が女性を意識しやすくなるのです。

「この子はいつでも話を楽しく聞いてくれる」「また話したい」と思わせればこちらのもの。
男性はあなたと話すために、話題探しをはじめるようになるでしょう。

なかなか聞き上手になれない、タイミング良く相づちを打つのが苦手という方におすすめのテクニックです。


褒められたり、興味を持たれたりすることは、女性であっても嬉しいことですよね。
「もっと話を聞きたい」「あなたに興味がある」という気持ちが伝わるような相づちこそ、モテ女になるコツかもしれません。

(文/恋愛jp編集部)