【相談者:20代女性】

私は昔から束縛の激しい女だと言われます。
それが原因で彼氏から振られてしまったことが何度もあります。
でもやっぱり不安要素がひとつでもあるとつい束縛をしてしまうのです。

こんな私は今後、男性とどのようにお付き合いしていけば良いでしょうか。

かわいらしいプチ束縛はふたりの仲を深めることにもつながります。

ご質問ありがとうございます。
コラムニストのLISAです。

大好きな彼を思うからこその女性の束縛。そこには「彼から見放されたくない」「他の女性にとられたくない」という女性ならではの切実な思いが隠されています。
ただ当然のことながら、重い束縛は彼氏に負担を与えるだけの行為。
彼と離れたくがないために行っていた束縛が原因で別れを切り出されてしまえば、本末転倒です。

それなら束縛の方法を少し変えてみてはどうでしょうか。
同じ束縛でも、言動次第では彼からかわいいと思ってもらえる方法もあるのです。

そこで今回は20代男女の方々から伺ったお話に基づき、彼氏がかわいいと思う彼女のプチ束縛をご紹介します。

(1)「へえ~ああいう子がタイプなんだ~」

『街中で彼氏が他の女性を見ることってあるじゃないですか。そういうときはこっちもニヤニヤしながら「へえ~ああいう子がタイプなんだ~」と彼をからかいます。すると彼も慌てて「違うって」と焦り出すのですが、そこから冗談の言い合いになって逆にデートが盛り上がるんですよ。あくまで問い詰めるのではなく冗談半分で聞いてみることがポイントですね』(25歳/受付)

すれ違う女性を彼氏が目で追い、「ちょっと今あの人見ていたでしょ」と彼女が怒りだすという状況は、束縛でありがちな定番ケース。
確かに自分以外の女性を彼がちら見するのは、彼女として気分が悪くなることです。

でもそこであからさまに怒ったり、不機嫌になったりしてもお互いに良いことなどありません。
どうせなら「へえ~ああいう子がタイプなんだ~」と冗談まじりでからかい、彼を焦らせてみましょう。
余裕っぽい態度を見せつつ、ちょっとだけ嫉妬するというそのプチ束縛を見て、彼もあなたのことをかわいいと感じるはずです。

(2)「カッコいいから不安になるんだよ」

『私の彼ってかなりの自信家タイプなんですよ。だから彼が女性のいる飲み会に参加する場合は、「○○君がカッコいいから不安になる」とおだてつつ、浮気しないように釘をさします。そうやって見送ると「やっぱりお前よりかわいい子はいなかったよ」とか超調子に乗って帰ってくるので、今のところ浮気している気配はありません』(28歳/医療事務)

自信家でお調子者タイプの彼にはおだてるプチ束縛が効果的。
「あなたがカッコいいから不安になるんだよ」「ほら、あなたってモテるじゃない?」とおだてつつも浮気を心配するという様子は、彼の気分を良くさせます。

同時に彼が「彼女は自分を理解してくれている」という実感を得ることにもつながるので、プチ束縛を利用して彼を惚れ直させることだって可能なのです。

(3)「行ってらっしゃい!浮気したらダメだからね(笑)」

『自分の彼女は基本束縛しない子なんですけど、一度だけ、飲み会の前に「行ってらっしゃい!浮気したらダメだからね(笑)」というLINEが届いたことがあります。これかなりかわいくないですか? もちろんすかさず「するわけないだろ(笑)」と返したら「わかってるよ」と返信がきて、その信頼されている感にも感動しました』(32歳/営業)

出張、旅行、飲み会など、自分がいない場に彼が出かけるという状況は、束縛女子にとって不安だらけの連続。
とはいえ逐一連絡を要求したり、男友達といる証拠写真を送らせたりという束縛行為は彼が不快に感じるだけ。
絶対にしてはいけない行為なのです。

それよりも「行ってらっしゃい!浮気したらダメだからね(笑)」と軽いプチ束縛の言葉を述べつつも、笑顔で彼を見送ってあげましょう。
その彼女から信頼されているという自信が彼の浮気抑制につながるのはもちろん、愛らしいあなたの姿を見て思わず彼もかわいいと思ってしまうはず。


交際中の彼が大好きだからこそ、ときに嫉妬や不安の気持ちが生まれてしまうのは仕方ないこと。
ただその気持ちを束縛という行動に変えて伝えても、彼があなたのもとから離れてしまうだけなのです。
どうしても彼に対する束縛がやめられないのであれば、これからは彼にかわいいと思ってもらえるプチ束縛を実践してみてはどうでしょうか。

愛らしさを感じる束縛であれば、彼の負担になることもありません。
それどころか今まで以上に彼から愛され、あなた自身の中にある嫉妬や不安も自然と消えていくはずです。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)