恋愛をすることの醍醐味といえば、大好きな彼氏からのハグですよね。
とくに自分からお願いしたり、エッチの際に流れでするハグよりも、彼氏が我慢できないといった様子でギュッとしてくるハグが最高ですよね。
彼氏にそんなハグをたくさんしてもらうには、一体どんな風に振る舞えばいいのでしょうか?

そこで今回は、男が彼女を「ギュッとしたくなる瞬間」を紹介しますね。

(1)自分に甘えてきた時

『可愛い奴だな…ときつくギューしたくなる』(26歳/IT)

彼氏に甘えたい気持ちが強くなって、意味もなくじゃれついたりスキンシップをする時ってありますよね。
特に久しぶりの再会や、記念日に彼氏から色々とサービスしてもらった後などは、好きな気持ちが溢れて普段より甘えたくなるものです。
また男性には「庇護欲求」という女性を守りたいという気持ちがそなわっているので、甘えられると本能的に嬉しくなるんですよ。

そのため甘えられることを嫌がるクールな彼氏でも、内心は甘えられて喜んでいる可能性が高いんです。
ですから、冷たくされてもめげずに甘え続ければ、とつぜん豹変してギュッと抱きしめてくるかもしれませんよ。

(2)自分のために何かしてくれた時

『自分のために尽くしてくれたのが愛おしいと、抱きしめたくなる』(31歳/コンサル)

付き合っていれば彼氏の誕生日にプレゼントをしたり、彼氏が病気のときに家事をしてあげるものです。
素直に感謝の気持ちを言葉にする男性もいれば、照れて無愛想な態度をとる男性もいるなどその反応は様々ですよね。
とはいえ、よっぽどひねくれた性格の彼氏じゃないかぎり、彼女が自分のために何かしてくれた時には嬉しいと感じているんですよ。

そして多くの男性は嬉しさと一緒に愛おしさが込み上げてきて、彼女をギュッと抱きしめたい気持ちに駆られるんです。

(3)デートの別れ際

『もっと一緒にいたい…!そんな気持ちが僕の体を勝手に動かすんだ』(24歳/印刷)

デートが楽しく盛り上がるほど別れ際には寂しさが押し寄せてきますよね。
どうしても予定が合わずにお互いの自宅やホテルに行けない時は、どんなに寂しくてもひとりで帰るしかありません。
そんな時の悲しい気持ちが露骨に表情に浮かんでいるのを見ると、多くの男性は思わずギュッと抱きしめたくなるんです。

そのため、気になる男性と何度かデートを重ねてそろそろお泊りしたい時などに、このテクニックがとても役に立ちますよ。

(4)彼女が悲しんでる時

『1人で抱え込まないでほしいから』(25歳/アパレル)

仕事が上手くいかなかったり、知り合いに不幸が起きて悲しい気分のときは身体まで具合が悪くなりがちですよね。
そんな時には、大好きな彼氏に会っても憂鬱な気持ちが抜けきれず、デートもいまいち楽しめないものです。
女性のこうした変化を男性はしっかりと察知するので、庇護欲求を刺激されて「守ってあげたい」と感じます。

ですから、悲しげな表情を浮かべる女性を見ると、多くの男性は思わずギュッと抱きしめたい気持ちになるんですよ。


以上、『男が彼女を「ギュッとしたくなる瞬間」』の紹介でした。
彼女が自分に甘えてきた時やデートの別れ際、彼女が悲しんでいる時などに男性は彼女を抱きしめたくなるんです。
ぜひ紹介した内容を参考にして、もっとドキドキする素敵なハグを満喫して下さいね!

(文/恋愛jp編集部)