こんにちは!ライターの白鳥です。

今日はウキウキのデート!
楽しい時間はあっという間に過ぎてもう帰りの時間になってしまいました…。

「また遊びましょう!」と帰り際に言ったけれど、もっと何かアクションを起こすべきだったのかな…と家に帰ってから悩むことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、1回目のデートのあと、2回目のデートをすんなり取り付けるための方法を探してみたいと思います!

(1)デート中は耳をダンボにして!彼の好きなものを徹底的に掘り下げよう

『デートしたとき、彼と寄生虫についての話でなぜか盛り上がり、今度寄生虫博物館にいってみようという会話になりました。すごく自然に話していたので、付き合うまであっという間でしたね』(32歳/パート)

彼とのデート中は積極的に彼の好きなものを聞き出しましょう。
とはいえ、質問攻めにしちゃうのはNG。

うまい言い方が分からない場合は、休日の過ごし方を聞いてみるとグッドです。
そのときは、最初にちょっとだけ自分の情報を入れてから話すと彼は話しやすいでしょう。

「私は最近、休みの日に読書をしているんだ。○○くんはなにかハマってるものはある?」このとき、映画と答えたら、その映画の話題で盛り上がり、「今度いっしょにいこう!」「一緒に見たいな」と答えるとよいでしょう。

あとでラインで連絡を取り合うよりも、デート中に約束を取り付けたほうが断られにくいので、話をするときは具体的なものまで決めていくとよいと思います!

(2)夢を語ってみる

『私の場合は、デート中は行きたいところややりたいところを積極的に言ってます。そうすると、大抵の男性は「連れて行こうか?」って言ってくれますよ』(26歳/事務)

彼とのデート中に「私ね、行ってみたいところがあるんだ」と小さな夢を語るのもグッドです。
男性は女性の力になれると嬉しい生き物。

あなたが提案した場所が、すぐにかなえてあげられそうなものなら、「じゃあ、今度一緒に行こうか?」と言ってくれる確率がグッと上がります。

ポイントはあまりハードルをあげないことです。
実際に、劇団四季のSS席で観劇するのが夢だとしても、彼がミュージカル好きかは分かりませんし、SS席ともなると1人1万円。

ここは可愛らしく、「○○駅のお洒落なカフェに行ってみたい!」くらいにとどめておくのがベストです。
「行きたいな~とは思っていたんだけど、なかなか機会がなくて…」と行きたい気持ちを可愛らしく伝えてみましょう!

(3)友達のおすすめの場所を言ってみる

『私が今の彼と仲良くなったきっかけは「口コミのサイトに書かれていたおすすめの場所をめぐる」っていうデートを考案したからです。たしかに口コミ通りすごく良い場所ばかりで話ももりあがりました』(27歳/販売員)

「友達が言ってたんだけど、○○ってすごく面白いんだって」こんなふうにデート中に誘ってみるのもおすすめ。
口コミの場所といわれると、男女関係なく「行ってみたいなあ」と思わせてくれます。

「会社の人が先週、○○に行ったみたいなんだけど、すごく楽しかったんだって!」と彼に話しかけてみましょう!「楽しそうだよね。私も行ってみたいなと思ったんだ」とさりげなく、自分が行きたいという気持ちも伝えてみると、彼から誘ってもらいやすくなるはずです。


デート中のポイントは彼の話をよく聞くことそして、次につながりやすい会話をすることです。

彼の話には「いいね!」「楽しそう!」「私もやってみたいな」と参加したい気持ちを織り交ぜて話をすると、彼があなたに好意的なら次のデートはすぐに決まるはず!
逆に、「行ってみたいな」と話しているのにスルーされた場合は、ちょっと作戦直しが必要かも。

彼があなたにあまり興味を持っていない証拠なので、無理にデートに誘うのではなく、彼の話の聞き役に徹して「あなたの味方ですよ」という態度を見せてみてくださいね。

●ライター/白鳥カヨ(ホラー小説家)