彼氏が昔よりも冷たくなった…そんな不満を抱えている女性はたくさんいるはず。
交際当初のラブラブな関係が永遠に続くとまで思っていなくても、「二重人格なの?」とあまりの変貌ぶりに怒り心頭な女性が少なくありません。

その一方で、世間には交際期間が長いのにずっとラブラブな関係が続いてるカップルも…。
「いったい、どんな魔法を使ってるの?」と不思議に思いませんか?

そこで今回は、男性が思う愛され彼女が「当たり前」にやっていることを紹介!

(1)お店の予約

『お店は男が予約して当たり前と思っている女性は、愛され彼女ではない気がします。彼女もお店を予約したりしてくれる子の方が彼氏に愛さると思います』(27歳/薬剤師)

デートで立ち寄るお店は男性が予約するべきだと思いますか?
これに関しては、「男性が予約するのが当たりまえ」「二人で素敵なお店を探すのが好き」など色んな意見があります。

しかし、一般的には男性が素敵なお店を探して予約するのが当たりまえだと考える人の方が多いですよね…。
だから彼女にいわれなくても普通は男性がデートに利用するお店の予約をしますし、女性側はそれを当たり前だと考えます。

とはいえ、料理にあまり興味のない男性は美味しいお店をそんなに知らないので、これを負担に感じる男性が意外に多いんです。
そして愛され彼女には、こうした男性の気持ちを察してフォローする女性が多い!

かわりにお店を予約したり、お店の予約を順場に担当することを提案するような女性が、彼氏に感謝されて末永く愛され続けるんです。

(2)お礼を忘れない

『ありがとうやご馳走様をしっかり言える子が愛され彼女の特徴。慣れてくると言わなくなってしまいいがちだけど、言う子はしっかりしているなと思う』(31歳/公務員)

交際期間が長くとなるほど、彼氏の気配りが当たりまえに感じられますよね。
また、あらためて褒めるのも照れくさいという理由から、内心では感謝している場合でもお礼を言わなくなりがち。

しかし、愛され彼女には何事も「当たりまえ」だと思わずに、何かされるたびに感謝する女性が多いんです!
服装を褒められたり、プレゼントを受け取った後はもちろん、デート後にはお礼のメールや手紙を欠かしません。

デートの好意的な感想を述べたり、彼氏が頑張ったポイントを理解して褒めるなど、男性にしっかりと感謝の気持ちを伝えています!

たとえ親密な関係になっても礼儀を忘れない、そんな姿勢に多くの男性が好感を抱くため愛され彼女になれるんですよ。

(3)頼まれなくても家事をする

『朝起きたら、早く起きて朝食が用意されていた時は、もうその彼女は離せません!自分から言われなくても行動できるところがポイント』(29歳/販売)

ひとり暮らしの男性は、食事をインスタント食品で済ませたり、多忙で部屋の掃除ができずに汚れたままで暮らしていることがあります。
実は彼女が家事をしてくれたら助かると思いながらも、面倒ごとを押し付けるのは悪いと気を遣って言わない男性が多いんです。

しかし、愛され彼女はこうした彼氏の暮らしぶりを見ると、当たりまえのように甲斐がいしく面倒を見てあげている…。
手料理を振る舞ったり、部屋の掃除をしてあげるなど、彼氏に頼まれなくても一生懸命に家事を頑張ります。

多くの男性は彼女のそうした健気な姿を目にして、より愛情を深めたり恋人以上の関係を意識しはじめているそうです。

(4)自分の意見を伝える

『ごはんを決めるのも、どこかに出かけるのも、自分の意見をしっかり言ってくれる女性に魅力を感じます!また、喧嘩の時でも、どう思っているのかをちゃんと伝えてくれる子となら、今後も長く付き合っていけると思うので愛され彼女になるのではないでしょうか』(33歳/人材紹介)

本当は納得がいかないけれど、彼氏の機嫌が悪くなると面倒なので自分の意見を伝えないことが多くありませんか?
反論せずに従順な彼女でいるほうが愛される…そんな風に思いがちですが、じつは真逆の場合が多いんですよ。

すべての判断を託されるのは男性にとって負担なので、自分の意見を言わずに彼氏に従うだけの女性はあまり良い印象を持たれないもの!

ですからデートで行きたい場所を率先して伝えたり、どうしても好きになれないものは嫌だと伝える女性の方が男性に好まれるのかもしれません。

そのため、愛され彼女になるには彼氏の言いなりにならず、積極的に自分の考えを伝える女性で居ることが大切なんんです。


愛され彼女は彼氏が喜ぶことを先回りして済ませておいたり、遠慮せずに自分の意見を伝えているよう。
彼氏のために頑張るけれど、召使いのように言いなりにはならない…そんな女性が彼氏に末永く愛されるんです。

大好きな彼氏とのラブラブな関係を続けるためにも、ぜひ紹介した内容を参考にして下さいね!

(文/恋愛jp編集部)