よく「人生でモテ期は3回くる」なんて言われますよね。
でも「なんで3回なの?」なんて、不思議に思ったことはありませんか?

そこで今回は、「人生でモテ期が3回くる」と言われるようになった理由について、考えていきたいと思います。

(1)「3」という数字は脳が覚えやすい

『3匹の子豚はどの豚が一番おいしいんですかね』(28歳/教師)

なぜ「モテ期は3回来る」と言われるようになったかは、「3」という数字が大きく関係していると言われています。
そもそも「3」という数字は脳が覚えやすいので、「モテ期は3回来る」と言われるようになったという説です。

「早起きは三文の得」、「石の上にも3年」など、日本人は「3」という数字を好んで使うことが多いと思いませんか?
世界的にも、「3」は調和のとれた数字と考えられているようで、「3」という数字が出てくるストーリー(3匹の子豚等)は数え切れません。

つまりバランスが取れた回数という意味で、「人生でモテ期が3回来る」と言われるようになった可能性が高いのです。

(2)「2回」だとどちらか一方しか記憶に残らない

『トリビアですね』(25歳/IT)

例えば、「3回」ではなく「2回」モテ期が訪れたとしましょう。
何となくなのですが、2回訪れたモテ期のどちらか片方だけが記憶に強く残ってしまう気がしませんか?
というよりも「この時の方がモテたから、もう一つの方はモテ期じゃないのかも」と思いやすいのでしょう。

モテ期が2回だと、より印象の強い方だけが記憶に残ってしまい、そうじゃない方は忘れがちになってしまいます。
また日本では「2」は演技の悪い数字と考えられることも多く、そういう意味でも「3回のモテ期」の方がしっくりくるのでしょう。

(3)「4回以上」だとそもそも覚えきれない

『あんまりモテてもありがたみがないよね』(25歳/コンサル)

モテ期が4回以上くるようなモテモテの人は、そもそもその出来事をいちいちモテ期だと思っていない可能性もあります。
常に異性にモテているので、「あの時モテ期だったかも」なんて思うことは少ないのでしょう。

かなり羨ましい状態ですが、モテモテの人ほど「モテ期なんて別にないな~」なんて思っていたりします。
多すぎるモテ期は、自分の中で記憶を整理することがなかなか難しいのかもしれません。

「人生でモテ期が3回くる」と言われる理由には、様々なものが考えられます。
ただ、これといった確実な理由が無いのも確かです。

「モテ期なんて来たこと無い!」という人も、これから来る可能性が無いとは言い切れません。
卑屈にならずに、自分磨きをしながら気長に待ちましょう!

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)