【相談者:30代女性】

最近よくふたりきりで会う男性がいます。
私は彼に好意を持っているので、このまま付き合えれば良いなと思っています。
実際彼も私と過ごしているときは楽しそうです。

ただひとつ気になるのが必要以上にボディタッチが多いのです。
会話の中での軽いボディタッチなのでそこまで深く考える必要はないのですが、たまに「もしかして彼って遊び人?」と思うことがあります。

彼は私のことをどう思っているのでしょうか。彼の気持ちが知りたいです。

男性の本気か遊びかはスキンシップの仕方で見極めることができます。

ご質問ありがとうございます。コラムニストのLISAです。
カップルの交際においてスキンシップは重要なもの。
スキンシップを通すことでお互いの愛情が確認できるのはもちろん、相手から安心感をもらうことだってできるでしょう。

とはいえそれはあくまでも交際中の男女に関して言えること。
交際前の段階におけるスキンシップは内容次第で状況も変わってきます。

あなたのことが本当に好きだからこそのスキンシップもあれば、ただの軽いノリでしかない遊びのスキンシップもあるのです。

そこで今回は男性の方々から伺ったお話に基づき、交際前のスキンシップで見る男性の本気度をご紹介します。

(1)本気度10%:肩などに軽いボディタッチ

『自分の周りにいる遊び人の男友達は、決まって会話中女の子の肩とかに軽いボディタッチをしています。それで女の子が喜ぶ様子を見せると、その子がいないところで「あいつは簡単に口説ける」と自慢気に話してくるんです』(24歳/販売員)

気になる男性からふと肩や手などに軽いボディタッチをされると、思わずドキッとする反面、嬉しさをこらえきれない女性も多いのではないでしょうか。

しかし残念ながら交際前の軽いボディタッチは、遊びである可能性が高い行為。
相手が女性慣れしている男性であるからこそ、ためらいなくボディタッチを仕掛けてくるのです。
本気度はかなり低いスキンシップだと思って良いでしょう。

(2)本気度50%:頭をポンポンする

『女性の頭をポンポンと軽くなでて励ます男性っていますよね。でも男目線で見ている限り、それって2パターンに別れるんですよ。ひとつは多少なり好意を抱いている子だから純粋に励ましている男。でもうひとつはテレビとかに影響されている男です。多分後者は自分が女の子の頭をポンポンなでているシチュエーションに酔っているんでしょうね』(31歳/IT)

もはや恋愛ドラマや映画で定番のシチュエーションでもある男性からの頭ポンポン。
そのようなイメージがあるため、気になる異性から頭をポンポンされるとつい脈ありを期待してしまうかもしれません。

しかし中には恋愛物語のシチュエーションに憧れて実践しているだけのナルシスト男性もいます。
彼から頭をポンポンされたからといって、本気であると確信を持つのは早いので注意しましょう。

(3)本気度70%:落ち込んでいるときのハグ

『今の彼女と交際する前の話なんですけど、彼女がすごく落ち込んで僕の前で泣き出しちゃうことがあって。で、普段なら付き合ってもない子に手を出したりしないんですけど、そのときは彼女が愛おしすぎて気づいたら思わずハグしていました。その後すぐ離れて謝ったんですけど、それがきっかけで付き合うようになって……。いや、本当に好きな子だと理性とか関係なく守ってあげたいって思うものなのですね』(29歳/営業)

交際前の女性にハグをするのって、男性にとってはかなり勇気がいること。
ましてや、相手や状況次第ではそれにより嫌われてしまうリスクだってあります。

そんなリスクを冒しながらも落ち込む女性を思わずハグしてしまうのは、本能であなたを守ってあげたいと思ったからこその行為。
彼の本気度も高いと思って良いでしょう。

(4)本気度90%:手をつなごうとする

『大人になるとキスとかよりも手をつなぐ方が恥ずかしくないですか(笑)? それでも「手をつないで良い?」って思わず聞いちゃうのはもうその子が好きすぎてたまらない! って状態だと思うんです』(32歳/Webデザイナー)

手をつなぐことって簡単に見えて意外と照れを感じる行為。
ましてや交際前の女性の手を握るのは、大人男性にとってとても勇気がいることなのです。

そんな簡単はできないことだからこそ、「手をつないで良い?」とお願いをするのは、本当にあなたのことが好きでたまらないという証。
交際前に彼が手をつなぎたがる様子を見せたら、間違いなく本気であなたを思っていると確信を持って良いでしょう。


イイ感じの彼から軽いスキンシップがあると、相手も自分に好意を抱いていると思い込んでしまいがち。
でも、早とちりしてはいけません! 中には女性慣れしているからこそできる遊びのスキンシップだってあるのです。

意中の彼からスキンシップをされる機会があれば、それが本気であるのか、遊びであるのかをよく見極めましょう。
そして本気であることに確信を持てたら、思いきってあなたの方からも行動を起こしてみてはどうでしょうか。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)