こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

婚活をしていると相手のスペックに目が行くのは半ば仕方がないことですが、スペックだけ見ている女性は婚活で失敗してしまいがち。
スペック重視の女性は2パターンいるんです!

(1)高学歴で高スペックな女性だから自分と同じレベルかそれ以上を求める女性

自分が「普通」に進学校にいき「普通」に有名大学に進学して「普通」に世間の男性の平均値と同じかそれ以上の収入があるために、自分目線で「普通」の尊敬できる男性を探している女性。

その「普通」が世間からずれている高望みであると気が付かない元優等生。
ちょっと今回はこのタイプの女性は置いておきます…。

(2)自分は低学歴で専業主婦になりたくて高学歴な男性を求める女性

「高学歴な男性と結婚したがる女性ほど自分は高卒・短大卒やFラン卒が多い」という話を歯科医の方から聞いたことがあります。
彼は医師などが無料で入会できる結婚相談所に入会していたそうです。
そこにいる女性はモラルが低く知性もなく、彼はさっさと退会したそうですが。

身近に高学歴な人がいるわけでもなく、結婚という手段で自分のステージをあげることができると信じている脳内お花畑状態の女性がいるのですね!

今回は、この(2)のタイプの女性についてお話します。

大企業に派遣社員として働いているなら別として、こういった女性は友だちや同僚に高学歴な人がいるわけではありません。
高学歴な方の努力が見えているわけではなく、うわべのスペックだけ見て羨ましがっているのです。

自分が同じような努力をして釣り合う女性になろうという発想はなく、とにかく今楽をしたい。
こういう「楽をしたい」「努力はしたくない」女性は甘い話にとても弱い。
婚活サービス周辺にはこういう甘い話がたくさん転がっております。

婚活サイトに登録した女性

「いいね」をくれる男性の中に29歳のイケメンを発見します。
プロフィールを見れば大学は慶応大学。
「すごい!慶応大学だって!年収1200万円!」舞い上がって「いいね」を返しました。

そこから彼とやり取りが始まります。
「写真かわいいね」「タイプなんだ」と言われて舞い上がりLINEのIDを教えました。
会おうという話になってもいつも日程があわず会えない。

別の女性は婚活パーティーで知り合った高学歴男性とデートしてホテルに行き、そこから連絡が途絶えたそうです。

「なぜこんな条件がいい男性が私に興味があるんだろう?」
ちょっとぐらい疑えばいいものを甘い話に弱くて楽をしたい女性はそんな頭も働きません。
こうして若さをムダにします。
痛い目をみて浅はかさに気が付けばいいのですが…。

スピリチュアルセミナーにつぎこんでいた女性

「思い込むだけでセルフイメージがあがって愛される女性になる」
「年収1000万円の男性と結婚するセレブ妻になれる」などとうたう高額なスピリチュアルセミナーにつぎこんでいた女性もいます。

「それはどういうロジックでそうなるの?」と彼女たちはみじんも疑いません。
だって、自分に都合がいい信じたいものを信じているのです。
自分が拒絶される訳でもなく傷つかない場所で祈って願って白馬の王子様を待って気が付いたらアラフォーというケースも…。


大変ありがたいことに、私が直接お会いしてお話しする女性現在進行形でこういう浅はかな方は稀です。

●ライター/菊乃(出会いゼロ女子の恋愛コンサル)