タイトスカートは、職場でもプライベートでも使い回せる優秀アイテムです。
綺麗なフォルムのスカートなら、スタイルがよく見えるうれしい効果も。
タイトスカートをオシャレに着こなすための、重要なチェックポイントをご紹介します。

(1)脚を長く見せたい場合は縦ライン

『私みたいな155cmしかないちんちくりんは縦ラインを履いてチビをごまかすのが一番です』(26歳/企画)

脚を長く見せたい人は、縦ライン入りのものがおすすめ。
縦ラインのスカートは、視覚効果で脚を細長く見せてくれます。

身長も高く見えるので、小柄女子にはうれしいですね。
ヒールの高いパンプスやブーツに合わせると、さらに脚が長く見えます。
スタイルが良く見えるので、小柄女子はぜひお試しください。

(2)一番綺麗にシルエットが見えるのは膝丈

『膝丈の足長効果は偉大です』(30歳/出版)

タイトスカートは、丈感がとくに重要なアイテムです。
短すぎるとスカートがタイトな分、太ももが強調されます。
脚の細さに自信がある人なら問題ありませんが、太ももの露出が気になる人も多いでしょう。

かと言って丈が長すぎると、今度は重くなりがちで、コーデに合わせづらくなります。
どうせなら、最も綺麗見えする丈がいいですよね。

タイトスカートの一番のおすすめは膝丈です。
脚が長く見える上、トップスや靴にも合わせやすくなります。

(3)ウエストは指2本分がぴったり

『お腹がいっぱいの時のタイトスカートはきついですよね』(25歳/商社)

ウエスト部分がキツいタイトスカートを履いて、お腹周りが苦しくなった経験はありませんか?

試着したときにちょっと苦しいかな?と思ったら、無理をせずに購入を控えましょう。
そのときは大丈夫と思っても、食後でお腹いっぱいになったときは危険です。
ホックがはじけ飛ぶ、恥ずかしい事態に陥る可能性も。

試着したときには、必ずウエスト部分に指が入るか確認しましょう。
指が2本入るウエスト周りなら、食べすぎても安心です。

(4)ヒップは屈んでしゃがめるかどうか確認

『仕事中にお尻が破れた時は会社辞めようと思いました』(31歳/IT)

タイトスカートは、ヒップ周りがタイトに作られています。
キツめのものを履いていると、座ったときに布地の縫い目が破れる事態になりかねません。
しゃがんだときにビリッという音がしたら、恥ずかしいものですよね。

また、オフィスでは座っている時間が長いため、ヒップ周りがキツいとかなり辛いでしょう。
スカートを試着してぴったりだと感じても、座ったときにも楽だとはかぎりません。
心地よく履きこなすためにも、試着時にしゃがんで確認するようにしましょう。

座ったときに少しでもやばいと思ったら、購入を控えるのが吉。
長時間履くことを意識して、しっかり選ぶようにしましょう。


タイトスカートを綺麗に着こなしている人って素敵ですよね。
自分に合ったものを選べば、さらにスタイルが良く見えてお得です。
丈感、ウエスト・ヒップ周りのポイントを抑えて、購入時にしっかりチェックしましょう。

(文/恋愛jp編集部)