エッチを終えた後にすぐにスイッチを切り替えて冗談を言い合ったり、疲れてすぐに眠ったりしていませんか?
男女が親密な関係を続けるにはベッドで過ごす時間を充実させることが大切ですが、そのための方法がエッチだけではありません。
エッチの前後はもちろん、エッチをしない日にも胸キュンさせるような言動で彼氏を虜にすることが大切です。

そこで今回は『男がベッドで「彼女にキュンとする瞬間」』を紹介しますね。

(1)自分にしがみついてきた時

『自分のことを必要としてる感じが伝わるので可愛い』(31歳/広告)

彼氏にされると胸キュンするスキンシップといえばハグですよね。
男性もその気持ちは一緒なので、2人でベッドに居る時にしがみつくことで胸キュンさせられます。
そして何でもない時にしがみつくだけでも効果バツグンですが、とくにエッチの後にしがみつくのが効果的です。

エッチを終えた男性は急速に興奮が冷める影響もあって、彼女が自分とのエッチに満足したのか心配になるなど少しナーバスに……。
エッチの後にギュッとしがみついて間接的に満足したことを伝えると、彼氏は安心するのと同時に彼女の愛情を感じて胸キュンするのです。

(2)涙目で見つめてきた時

『天使のようなウルウルした瞳を見るたびに「この可愛い生き物は何なんだ…」とゾクゾクします』(25歳/飲食)

男性には生まれつき女性を守りたいという保護欲求が備わっています。
女性が自分のことを頼るように涙目で見つめてくると、本能的に「カワイイ」「守ってあげたい」と思って胸キュンするのです。
とくに彼氏を下から見上げるような位置から涙目で見つめると、より彼氏を胸キュンさせる効果が高まる傾向に。

(3)「好きだよ」と囁かれた時

『ベッドの中でそっと囁かれたらたまりませんね』(30歳/不動産)

大好きな彼氏に「好きだよ」と言われたら、どんな状況でも、何度でも胸キュンできますよね。
こういう気持ちは男性だって同じなので、彼氏を胸キュンさせたいなら勿体ぶらないで素直に「好きだよ」と伝えましょう。
就寝前のちょっとした時間からエッチの最中まで、愛を伝える言葉にはいつでも彼氏を胸キュンさせる効果があるんですよ。

この言葉をもっとも効果的に演出する方法が、ベッドで彼氏にそっと囁くことなんです。
普通に言うだけでも効果的ですが、秘密を打ち明けるように「好きだよ」とベッドで囁いてあげることで、もっと彼氏を胸キュンさせられますよ。

(4)「もっとして」と求められた時

『いくらでもかましてやりますよ』(27歳/人材)

彼氏にもっとエッチがしたいと言われても、気持ちが盛り上がっている時じゃないと嬉しさよりも面倒くささの方が勝っちゃいますよね。
女性の性欲はムードに大きく左右されるので、エッチを求められても状況や気持ちが整っていないとあまり嬉しさを感じません。
しかし男性は基本的に女性より性欲が旺盛なので、よっぽど疲れている時を別にすればたくさんエッチをしたいと思っています。

そのため彼女から自分を求められるととても嬉しい気持ちになり、何回戦でもエンドレスでできるんですよ。


以上、『男がベッドで「彼女にキュンとする瞬間」』を紹介しました。
ベッドで男性が胸キュンするのは女性が男性を求めるような仕草を見せたり、直接的に好意を伝えたときなんですね。
普段は勝ち気な女性を好む男性も、ベッドのなかでは男性に対する従順な振る舞いを求める場合が多いんですよ。

いつでも彼氏を満足させられる素敵な彼女になるためにも、ぜひ紹介した内容を参考にして下さいね。

(文/恋愛jp編集部)