ケンカした後は、仲直りしても何だか気まずい……。
そんなときは、少しでも早く状況を打破したいものですよね。
今回は、気まずさを解消し、彼が思わず惚れ直す仲直りのコツを見ていきましょう。

(1)謝る

『どっちが悪いという問題ではなく、意地を張らずに素直に謝るのが一番の方法です。円満に終わることもできますし、素直に謝ってくれるその誠意が「いい子だな」と再確認します』(31歳/建築)

どちらが悪いかどうかは問題ではありません。
ケンカになったということは、きっかけがどうであれ感情をぶつけあった結果。
少なからず傷つけあい、お互いにイヤな気持ちにしてしまったのです。

誰でも自分の主張が正しいと思ってしまいがち。
でも彼と仲直りしたいのなら、一歩引いて素直に謝ることも大切です。

ケンカで言いたいことは言ったのだから、もうお終い。
「ごめんね」と可愛らしく謝りましょう。

(2)甘いものを買ってくる

『仲直りの印として二人が好きなケーキを買ってきた時は、可愛いなと思った。こんな可愛い姿を見れるなら喧嘩も悪くない』(27歳/介護士)

ケンカで感情をぶつけ合った後は、何だかへとへとです。
ケンカは想像以上にエネルギーを消費しています。

エネルギーを手っ取り早く補充するには、やっぱり甘いもの。
温かいお茶と一緒に食べれば、気持ちもほっこり…。
「何をあんなに怒ってたんだっけ?」とケンカしたこともケロリと忘れてしまいます。

甘いものが苦手な彼なら、ひとつだけ買ってきてふたりで食べさせあうのもいいですね。
離れていた距離も一気に縮まります。

スイーツの力で2人の甘い時間を取り戻しましょう。

(3)彼をチラ見する

『しょぼんとした顔で、横目でチラッとみられたら許してしまう。うるうるした女の訴えにキュンと思う男性もいる』(26歳/美容師)

どんなにひどいケンカをしても彼のことは大好き……。
でもケンカ直後にそれを伝えるのはちょっと難しい……。

気持ちは言葉以外でも伝えることができます。
特に目で訴えることはとても効果的。

時折うるんだ瞳で「チラッ」と視線を送れば、彼も気になって仕方がありません。
上目遣いならさらに効果的です。
「もう…、何だよー」と彼がしびれを切らしたら、抱きついて「ごめんね」と言ってしまいましょう。

(4)彼のそばに駆け寄る

『「ごめんねー!」と駆け寄ってくれた時は、少女みたいで、やっぱり好きなんだなとふと思った』(32歳/公務員)

付き合い始めを思い出してみましょう。
デートの待ち合わせで、彼を見つけて駆け寄った経験ありますよね?

彼の姿を見つけただけで嬉しかった頃。

その頃を思い出して、小動物のような可愛らしさで彼の元に駆け寄りましょう。
自分のもとにタタタッと駆け寄ってくる存在は理屈ぬきで可愛いものです。

そのままぎゅーとしがみつけば、彼も「しょうがないな」と言いながら頭をなでなで。
愛おしい存在であることをアピールしましょう。


なんだかんだ言っても、素直で可愛げのある行動に男性は弱いものです。
抱きつたり、甘えたり、普段よりスキンシップを増やすことがポイント!
彼もトキメキを取り戻して、惚れ直すきっかけになりますよ。

(文/恋愛jp編集部)