「彼氏が欲しい」と思っているときに限って、何故か出来ない……そんな風に考えたことはありませんか?
それには、様々な理由が考えられます。

そこで今回は、彼氏が欲しいときに限って出来ない理由を、いくつかご紹介します。

(1)リラックス出来なくなっている

『変に緊張しちゃったりして、自分自身にも余裕がなくなってる』(28歳/営業)

男性は、“隙のある女性”“余裕のある女性”に惹かれる傾向があります。
ところが、彼氏が欲しくて焦っていると、どうしても異性の前でリラックス出来なくなってしまいます。

“魅力的な自分”を演出しようとし過ぎて、またそれが相手にも何となく伝わってしまい、魅力が半減してしまうのです。
「彼氏がほしい」という思いが強すぎて、異性の前で緊張し過ぎていることが、恋人を作りづらくしている原因の一つでしょう。

(2)焦りから相手とのコミュニケーションが上手くいかない

『焦ってるからか、話がかみ合わない』(24歳/美容師)

「焦っていると彼氏は出来ない」ことはお伝えしましたが、リラックス出来ないことは相手とのコミュニケーションにも悪影響を及ぼします。
「彼氏が欲しい」「自分を良く見せたい」という気持ちで頭がいっぱいになっているので、相手の男性の気持ちにまで気が向きません。

そうなると、もちろん空気を読んで気配り……等ということもうまく出来ずに、相手に良い印象を与えられなくなってしまいます。
彼氏が欲しいという焦りから、男性に「この人とは気が合わない」と思われやすくなってしまうのです。

(3)自分の魅力が失われている

『彼氏が欲しいって気持ちが先走りすぎて、他のことに手がつけられなくなったり、恋愛のことばっかり考えてなんかつまらない人間になってるのかも』(25歳/飲食)

自分の仕事や趣味に没頭しているときの人間って、とても魅力的に映りますよね。
ところが、“彼氏がほしい状態”の頭の中は、恋愛のことでいっぱいいっぱい。
恋愛の事ばかりに気を取られているので、本来の自分の魅力が失われてしまっているのです。

例えば、「彼女が欲しい!」という思いだけで、仕事にも趣味にも集中していない男性のことを好きになるでしょうか?
同じ理由で、「彼氏欲しい~」と嘆いてばかりいる女性のことを、好きになる男性は少ないのでしょう。

(4)「理想の男性像」がどんどん膨らんでいる

『気が付いたら出会った人の「あらさがし」ばかりしてしまってる自分がいる』(26歳/事務)

恋愛のことで頭がいっぱいだと、自分の中の“理想の彼氏像”がどんどん膨らんでいきます。
そうなると、男性と会っても、「ココがダメ」「ココは良いけどアソコはダメ」と、相手を条件でしか見ることが出来ません。

キチンと、条件抜きで相手を対等な人間として見ることから始めないと、本当に気の合う恋人は出来ないでしょう。


彼氏が欲しいと思っているときに限って出来ない理由は、やはり精神的なものが大きいのではないでしょうか。
焦れば焦るほど、自分の魅力は失われていきます。
まずはリラックスして、本来の自分を取り戻すことから始めた方がいいのかもしれませんね。

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)