女性が男性のギャップに惹かれるように、男性も女性のギャップに弱いです。
ギャップとは、いい意味で裏切られる意外な一面を知ること…。

今回は、男が独り占めしたくなる「女のギャップ」について、紹介していきます。

(1)実は礼儀正しい

『普段サークルの中心にいるような、ガヤガヤするようなギャルっぽい彼女ですが、敬語をちゃんと使えたり、電車で席を譲ったりしていると、この子本当にいい子なんだな…と改めて実感します。そんなギャップに離したくないなと思っていしまいます』(29歳/デザイナー)

派手な服装や、派手なメイクをしていると、ギャルっぽいイメージで見られます。
先入観から、敬語が使えないなど、きちんとしていないように見えるのです。
しかし、そのような女性が礼儀正しい人であれば、一気に好感度が上がります。

言葉遣いが丁寧であったり、マナーがきちんとしていたりすると、外見とのギャップにやられます。
その女性のことが気になるようになり、興味を持ちます。
他にも意外な一面があるのではないかと思うのです。

(2)実は人見知り

『同じ部署にいる先輩なんですが、オンとオフのギャップに心打たれます。いつもは仕事も早くテキパキしていますが…仕事が終わり飲みに行くと、実は人見知りな姿にかわいいと感じる』(26歳/営業)

普段は社交的でテキパキとしている人が、実は人見知りだと知ると、そのギャップにやられてしまいます。
今までは強がって社交的にしていたのだと、本当の姿を見たように感じ、興味が沸きます。

例えば、仕事中は社交的なのに、飲み会になると緊張しているところを見たりすると、意外な一面を知ったように感じます。
本当は人見知りだけど、仕事のために頑張っているんだと思うのです。

自分の不得意な部分を隠して頑張っている姿が、可愛らしくうつります。
一度知ってしまうと、その女性が気になり、目で追ってしまうのです。

(3)実は独占欲が強い

『クールな見た目なのに、付き合ったら甘え上手で独占欲があった。見た目との差があり、こんな一面自分んしか知らないのかと思うと嬉しい』(31歳/IT)

一見、クールで独占欲など全くなさそうなサバサバした女性が、ヤキモチを妬いてくると、そのギャップにやられます。
例えば、外では独占欲など微塵も見せないのに、二人になると可愛いヤキモチを妬いてくるなどです。

自分しか知らない彼女の一面を知ると、男性は嬉しくなります。
素の彼女を見ることで、特別感を感じるのです。

全く独占欲がないと、自分のことを好きでいてくれるのか、不安になるものです。
しかし、実は独占欲が強い彼女の意外な一面を知ることで、もっと彼女のことが大事になります。

(4)実はエロい

『脱いだらめっちゃエロい下着をつけてた時ですかね』(28歳/飲食)

清楚な感じの女性が、実はエロいというのは、男性の夢!
もちろん彼と一緒の時だけ、エロいということが前提です。
彼女の隠された一面を見て、そのギャップにやられます。

例えば、清楚な服装をいつもしているのに、下着がエロかったり、あまり経験が少なそうなのにエッチになると攻めてくるなどです。
エロい意外性があると、もっと興奮します。

自分だけが知っている、エロい彼女の姿を知ると、他の人には渡したくないと独占欲が出てきます。


いかがでしたか?
ギャップは、気になる彼だけに見せることが、彼を落とすポイント!
自分だけが知っている、特別感に男性は弱いです。
ギャップを見せて、彼をドキドキさせちゃいましょう。

(文/恋愛jp編集部)