ついつい普段の連絡をLINEやメールで済ませてはいませんか?

電話は会えなくても同じ時間を共有できるという恋愛に欠かせない大事なツールです。
恋愛上手な女子は電話をうまく活用しています!

でも電話したいなんてワガママ聞いてくれるのかな…と思うアナタに、彼から思わず電話したいと言わせる魔法のような4つの神対応を教えちゃいます!
彼が思わずグッときてしまう秘訣をのぞいてみましょう。

(1)1回の電話は短めに

『あまり電話したくないんですよね、簡単にLINEとかで用事済ませてほしい感じです』(23歳/大学生)

何日か振りに聞いた彼の声に嬉しくて、つい長電話……。
話してる間は楽しかったけど、ちょっと疲れたかも。

そう感じることがあったら、彼も同じように疲れている可能性大です。
そして、週末に会うから電話はいいか……。
お互いに電話からどんどん遠ざかってしまいます。

電話するのが億劫にならないためにも、1回の電話は短めに。
「あれ、もう切るの?」と彼に思わせるくらいでちょうどいいのです。

もうちょっと話したかったのに…とその気持ちが、次の電話につながっていきます。

(2)ゆっくりと話す

『疲れてるのに電話で一方的に話されて、時々イラっと来ちゃいます』(32歳/営業)

彼に話したいことがたくさんあって、ついつい早口になってしまう。
仕事で疲れているのに、次から次へと機関銃のように喋っていたら彼もぐったりです。

「もういい加減にして!」
ケンカになり兼ねません。

話したいことはあらかじめ厳選して、会話にゆとりを持ちましょう。
要件を伝えるのはLINEやメールにまかせて、電話は気持ちを伝えるツールとして使うのが上手な使い方です。

顔は見えないけど、声で伝えられる。
言葉に声の印象が加わると、ダイレクトに伝わりやすくなります。

会っているときになかなか「好き」と言えないのなら、ぜひ電話で伝えてください。
普段は感情の見せない彼も思わずグッと来ちゃうこと間違いなし!

(3)適度に甘える

『こちらからいくと気持ち悪がられるかもと思ってしまう。甘えに来てもらえると助かります。』(26歳/人事)

普段彼に甘えていますか?
なかなか彼に甘えることのできない大人女子も多いのではないでしょうか。

でも大人になると、甘えることができるのは恋人くらいなもの。
だから甘えていいのですよ。

恋愛上手な女子は甘え上手です。
そうは見えない女子でも、彼には上手に甘えています。

電話ならば、甘えるのもそう難しくはありません。

例えば、同じ「ねえ」という呼びかけでも、「ね~え~」と甘えた呼びかけの方が彼の心を捉えます。
少しだけ語尾をのばして呼びかけてください。
あまりにも極端に、語尾をのばしすぎるとバカっぽいので注意しましょう。

甘えられると、男心がくすぐられます。
男性は本能的に女性を「守らなきゃ」と思うからです。

あなたの声を聴くことで、彼が「癒し」を感じることができれば、毎日電話したくなるでしょう。

(4)「声が聞けて良かった」と伝える

『遠距離になりがちなんですけど、聞けて良かったって安心感が生まれますよね』(30歳/営業)

電話の良さは何と言っても声が聞けること、同じ時間を共有できることです。
好きな人の声を聞くと、安心したり、幸福な気持ちに満たされますよね。

心でそう思うだけではなく、彼に言葉で伝えましょう。
「声が聞けて良かった」と言われて嬉しくない男性はいません。

ちょっと照れくさいけど、電話でなら伝えられますよね。
そんな些細な言葉を伝えることで、彼も嬉しくなり、毎日声が聞きたくなるものです。

その積み重ねこそ、恋愛が長続きする秘訣なのです。


面と向かってはなかなか言えない気持ち。
そんな気持ちを伝えるのに電話は一役買ってくれます。
上手に使いこなして、毎日彼のラブコールをゲットしましょう!

(文/恋愛jp編集部)