大成功だと思った初デート後に、相手の男子からの連絡が途絶えた経験はありませんか?
「ファッションやメイクは文句なしの出来で、会話も相手に合わせて盛り上げたのに」と戸惑う女子が少なくありません。
これって実は、デート中に口にしたNGワードが原因で男子に嫌われた可能性が高いんですよ。

今後のデートを成功させるためにも、どんな言葉を口にすると男子に避けられるのか知っておきたいですよね。
そこで今回は『初デートで言ってはいけないNGワード』を紹介します。

(1)「私って○○じゃん?」

『知らねーよ』(25歳/商社)

周囲の人々にたいして「私って○○じゃん?」と口にするクセはありませんか?
家族や付き合いの長い友人など、実際に自分がどんな人間なのかを把握している人々にたいして言うぶんには問題ありません。

しかし、相思相愛の仲であっても初デートの段階で女子のことを知り尽くしている男子は居ませんよね。
ですから「私って○○じゃん?」と言われても困惑されるだけなんですよ。

また男子によっては「自己顕示欲強すぎ」「知らねぇよ!」とドン引きして、あっという間に恋愛感情が冷めてしまうでしょう。

(2)「○○嫌いなんだよね」

『食べ物の好き嫌いが多いとそれだけでゲンナリする。他のこだわりもうるさそうなんだもん』(27歳/IT)

初デートの時に「成功するかな」と緊張でドキドキしているのは男子も一緒なんですよ。

それでも彼女を喜ばせようと頑張ってデートで立ち寄るお店などをセッティングしてくれます
とはいえ、まだお互いをよく知らない段階なので、本音をいえば「これ微妙だな」なんて思うことが少なくありませんよね。

しかし普段は男らしい彼氏でも初デートではナイーブになっている場合が多いので、否定的な言葉はNGワードなんです。
男子が「これ美味しいよ!」なんて勧めてくれたものを「○○嫌いなんだよね」とバッサリ斬ると、一気に男子の心が離れる可能性があります。

もちろんアレルギーのある食品など絶対に無理なものを受け入れる必要はありません。
ですが初デートで男子の提案を否定する場合は、なるべく穏やかな口調で理由を説明してあげることが大切ですよ。

(3)「何でもいい」

『思考停止してる女はまじで無理。デートする気あるの?』(25歳/コンサル)

「絶対にこれが良い!」みたいな強いこだわりって、そんなにたくさんないですよね。
それに強く主張しすぎると彼氏に嫌がられそうだと気を遣って、デート中に「何でもいい」と口にする女子がたくさん居ます。
もちろん女子に頼られると男子は嬉しいですが、全ての決断を自分で下すのは大きな負担。

そのため女子が喜ぶ判断をする必要がありますが、初デートの段階では情報が少ないので何が喜ばれるかなんてほとんど分かりません。
ですから男子はまったく情報が無い状態で、女子が喜ぶような判断を下す必要があります。
こればかり続くのは男子にとって強いストレスなので、「この子と一緒だと疲れる」と思われます。

ですから初デートでは自分の価値観を伝える目的も兼ねて「何でもいい」と言わないことが大切なんですよ。

(4)「ハグして」

『初デートでそれは早いでしょ』(32歳/不動産)

大好きな彼氏やようやくデートに持ち込めた気になる男子と一緒に居たら、いつもより大胆に振る舞ってしまう時ってありますよね。
デートの途中に「ハグして」など積極的にスキンシップを求める言葉を口にする女子が居ますが、じつはこれってNGワードなんです。
いくら男子がエロいといっても、女子のこうした発言を喜ぶのはヤリモクの男子だけ。

真面目な交際をするつもりだった男子は一気にドン引きして、恋愛対象が外されてしまう可能性があります。
もし男子がスキンシップを求めているなら、向こうの方が何らかのアプローチをしてきますよね。
ですから、初デートでは女子から積極的に仕掛けるような発言をしないことが大切ですよ。


以上、『初デートで言ってはいけないNGワード』を紹介しました。
初デートから自分の価値観を押しつけたり、面倒なことを男子に丸投げするような言葉を口にすると嫌われてしまうんですね。
ずっと男子に気を遣うのも疲れますし、付き合う以上は徐々に本当の自分を受け入れてもらう必要があります。

しかし、初デートから本音を口にすると自分勝手な人間だと判断されるので、本音は少しずつ見せることが大切ですよ。
せっかくの初デートで大好きな男子との関係を台無しにしないためにも、ぜひ紹介した内容を参考にして下さいね。

(文/恋愛jp編集部)