大好きな彼には、ずっと愛され続けたいと思いますよね。
しかし、お付き合いしていても、彼に愛されているか不安に思うこともあります。
今回は、彼氏に愛され続ける秘訣を、紹介していきます。

(1)相手に思いやりを持つ

『僕のことをまるで自分のことのように思ってくれると感動します』(27歳/飲食)

長くお付き合いをしていくと、色々なことが当たり前になってしまいます。
彼への感謝の気持ちなど、思いやる気持ちが薄れてしまうのです。
しかし、恋人同士とはいえ他人同士、相手を思いやる気持ちを忘れてしまってはいけません。

付き合い当初を思い出してみて下さい。
彼に何かしてもらった時は、少しオーバーなくらいに「ありがとう」と言っていたはずです。
また、彼のことを思って行動していたのではないでしょうか。

相手に思いやりを持つことは、人との付き合いでは基本となることです。
しかし付き合いに慣れてしまうと、彼との距離が近すぎて、忘れがちになってしまいます。
まずは感謝の気持ちを言葉にして伝えることが良いですね。

(2)美意識を高く持つ

『常に女を感じる人を彼女にしていたい』(29歳/営業)

内面の美しさも大事ですが、外見の美しさも大事です。
美意識を高く持つことで、女性らしさを失わないようにします。

付き合いに慣れてしまうと、素の自分が出てしまいます。
もちろん、それは相手を信頼しているからこそであり、良いことです。
しかしだらしなくなってしまってはいけません。

スッピンが多くなったり、服装を気にしなくなったりすることは、女性らしさを失うことになります。
彼から女性として意識してもらえることが、愛され続けることに繋がるのです。

(3)好意を伝える

『「好き」はずっと言い合ってたいな…』(26歳/コンサル)

付き合いに慣れてくると、「好き」と言わなくても分かってくれていると思っていませんか?
彼に愛されているか不安に思う女性が多いように、男性も愛されているか不安に思うことがあります。
恋人同士であっても、好意を伝えることは、とても大事なことなのです。

ストレートに「好き」と伝えることができればベスト。
しか、照れくさく思ってしまい、難しいようであれば、彼に伝わる愛情表現をすれば良いのです。

「楽しい」や「幸せ」「嬉しい」という言葉を伝えるようにしましょう。
また自分からキスやハグなど、好意を伝えるようにすると良いですね。

(4)喧嘩の時は自分から謝る

『意地っ張りじゃない女の子は素敵ですね』(25歳/営業)

お付き合いをしていれば、些細なことから喧嘩になる時があります。
お互いが意地を張り合ったままでは、喧嘩が長期化してしまい、些細なことから別れまでなってしまうこともあります。
喧嘩が長引いてしまっても、いいことはありません。

喧嘩をした時は、自分から謝ってしまいましょう。
しかし、自分に非がないと思っていては、なかなか謝ることができません。
どちらかに非があって始めた喧嘩であっても、ヒートアップしてしまい、お互いが怒りをぶつけ合うことになります。

必ず、自分にも悪いところがあるので、謝って冷静に話をしたほうが良いのです。
自分から折れてことで、彼も謝りやすくなりますよ。


彼に愛され続ける彼女は、彼のことを大事にしていることが分かりますよね。
彼を大事にしている女性は、彼からも大事にしてもらえます。
彼から愛されていないのではと不安に感じたら、その不安を彼にぶつけるのではなく、彼に「好き」と伝えてみて下さいね。

(文/恋愛jp編集部)