彼氏との初のお食事デート……どうしても緊張してしまいますよね。
しかし、ここで彼からの評価を上げておけば、その後の付き合いにもいい影響を与えるかもしれません。

そこで今回は、食事デートをした際に「育ちがよさそう」と彼に思わせるコツをいくつかご紹介いたします。

(1)「いただきます」と「ごちそうさま」を忘れない

『言わない人が多いからね。ちゃんと手を合わせて言っていたらさらに好感度上がる』(25歳/コンサル)

食べる前と食べた後に、「いただきます」と「ごちそうさま」。
この言葉を忘れずに言うことで、男性から「育ちが良さそう」だと思ってもらいやすくなります。

「いただきます」と「ごちそうさま」は、自分一人のときや友達と一緒のときは案外忘れがちなもの。
このマナーをキッチリ守るだけで、男性からの評価は大分違ってきますよ!

(2)お箸の持ち方にも気を付けて

『お箸の持ち方が汚いのは、育ちを疑わざる負えない』(31歳/金融)

お箸の持ち方は、食事マナーの基本中の基本。
普段、お箸の持ち方を全く意識してない!なんて人は、この際正しい箸の持ち方を覚えてしまうのもアリかも。

逆に、お箸の使い方がキレイなだけで、「育ちがいい」と思ってもらえるのならお安いもの!?
大人の女性として、お箸の持ち方や使い方は覚えて損はないでしょう。

(3)店員さんにも礼儀よく

『自分には懐いてても店員さんに冷たいと「これが本性か…」と思うから』(26歳/教育)

彼氏には良い顔をしていても、店員さんに対して横暴な態度を取ってしまったのでは、彼もドン引きです。
その人の本当の性格は、嫌いな人やどうでもいい人に対してこそ現れるとも言います。
そんな態度を見せてしまったら、その男性からはもう誘ってもらえなくなってしまう可能性大です。

店員さんに対しても丁寧な態度を心がけ、店を出る際に「ごちそうさまでした」と言えるくらいがベストでしょう。

(4)食べ残さず、お皿もキレイに

『好き嫌いが多い人はめんどくさいからね』(27歳/企画)

好き嫌いが多く、嫌いな食べ物を残してばかりだと、ちょっと感じ悪く思われてしまうかもしれません。
何でも好き嫌いなく食べ、食べた後のお皿もキレイだと、「ああ、キチンとした教育を受けてきたんだな」と思ってもらえるようです。

(5)背筋はピンと伸ばして

『猫背ってみっともないよね。色気も感じない』(31歳/コンサル)

食事中の姿勢にも注意!
猫背で肘をついて食べていたりしたら、「育ちが良さそう」なんて絶対に思ってもらえません。

背もたれがある椅子の場合でも、もたれかかり過ぎないように背筋をピンと伸ばしてくださいね。


いつもの食事の仕方は、無意識に出てしまうもの。
自分ではキチンとしたマナーのつもりでも、相手から見れば無作法に見えるかもしれません。
食事デートで彼に幻滅されないように、普段から基本的な食事の作法は勉強しておきたいですね。

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)