キスするタイミングって、意外に難しいですよね。
特に、女性からする場合、タイミングを迷ってしまいためらった経験が一度はありますよね。

キスは男性からするものなんてことはありません。
最近、草食系男子が多くいるなかで、男性だって女性からのキスを求めているんです。

でも、どんな時にキスをすればいいのでしょうか。
そんな今回は、男性がキスされたら嬉しいタイミングを紹介していきます。

Close up of couple kissing

(1)デートの別れ際

『自分はただ別れがちなので、自分からしに来てくれるのが可愛くてたまらない』(28歳/人事)

デートの別れ際は、お互い寂しく感じるもの。
ただ「またね」などの挨拶で済ませることはないでしょうか。

寂しいという気持ちをキスで伝えると、彼女が同じ気持ちなことに嬉しく感じます。
寂しく感じても、添える言葉は「今日楽しかった」と言うほうがベスト。

一度「バイバイ」とお別れをした後に、振り返って少し駆け寄り、「今日楽しかったよ」と彼にキスしましょう。
こうすることで、寂しさ、名残惜しさ、感謝と全てを伝えることができます。

少しあざとく感じますが、感情の全てがこもったキスに男性はグッとくること間違いなし。
ぜひチャレンジしてみて下さい。

(2)家に帰ってきた時

『普段デスクワークで会話が少ない中、家に帰っておかえりとのキスが心にしみる』(30歳/経理)

彼が仕事で家に帰ってきた時に、「おかえりなさい」とキスされることを、男性は望んでいます。
男性からもキスしたくなるタイミングですが、彼女からされると自分を待ってくれていたと感じ、嬉しさは倍増。
新婚のようで嬉しく感じますし、気軽にいちゃついていた付き合いはじめを思い出します。

また、キスはストレスを軽減する作用があると言われています。
仕事で疲れて帰ってきた彼にキスすることで、彼のストレスは軽減され、リラックスした状態になります。
彼も肩の力が抜け、リフレッシュされたように感じます。

(3)一緒に寝る前

『寝る前のキスは、スイッチが入る以外に安心感も生まれます』(32歳/営業)

一緒に寝る前のキスは、イチャイチャしてもいいという合図。
彼からいつもエッチに誘われるのを待っていませんか?

そんな女性は、寝る前に自分から彼にキスしてみて下さい。
キスするだけで、男性は積極的に誘われたように感じ、嬉しくなります。

濃厚な色気のあるキスではなくて大丈夫です。
「おやすみ」と言ってチュッとするだけで良いので、女性からもキスしやすいです。

それだけで、彼はエッチな気分になります。
同時にキスにはストレス軽減作用があるので、幸せだという安心感も生まれます。

もちろん、本格的に彼を誘いたいなら、色気のあるキスをするのもOK。

(4)不意打ち

『自分から構ってほしいとおねだりしているように見えて可愛く感じます』(25歳/運送)

彼と二人でまったりしている時に、彼に不意打ちキスをしましょう。
油断している時にされると、驚きますが同時に嬉しく感じます。
彼女は甘えたいのかなと感じ、甘えてきてくれることに幸せを感じます

横にいる時でも良いですが、不意打ちを狙うなら、バッグハグからのキスがおススメ。
彼の後ろから抱きしめて、彼の唇を奪ってしまいましょう。
いつもとは違うシチュエーションに、彼はドキドキ。

ただし、あまりに驚かせすぎることはNG
かえって機嫌が悪くなることも……。


タイミングを見つけるには、彼の気持ちを考えることも必要。
タイミングが悪いと後味の悪いキスになることも……。

しかし、男性も彼女からのキスを待っています。
なかなか自分からキスできないという女性は、ぜひチャレンジしてみて下さい。

(文/恋愛jp編集部)