彼氏がちっとも愛情表現をしてくれない……なんて、悩んだことはありませんか?
彼女としては、彼からの愛情を感じられなくて不安に感じてしまう……。
でも、それには彼なりの理由があるのかも!

今回は、男性が彼女に対して愛情表現をしない理由をいくつかご紹介します。

(1)照れて言えない

『言葉にするのが苦手なので、恥ずかしくてなかなかいませんね……』(25歳/運送業)

単純に、恥ずかしくて愛情表現が出来ないだけの可能性も!
彼女に対して「愛してるよ」や「好きだよ」と日常的に言うのは、ちょっとハードルが高いのかもしれません……。
でも、彼女としては、たまにはそんな甘い言葉を言ってほしいのが本音ですよね。

考え方によっては、軽々しく「大好きだよ」なんて言える男性の方が、チョット信用ならないのかも!?
彼の性格が恥ずかしがり屋なのであれば、単純に照れているだけなので、深刻に考える必要はないでしょう。

(2)言葉よりも態度で愛情を示そうとしている

『言葉だと嘘っぽいと言われるので、行動にしてます。彼女は気付いてないのかもしれませんが……』(24歳/消防士)

男性の中には、この考え方の人がかなり多いと思っていいでしょう。
言葉なんて不確かなものよりも、態度や行動で彼女に対して愛情を示そうとしているのです。

考えてみると、普段から思い当たることはありませんか?
例えば、あなたを喜ばせるようなデートプランを立ててくれたり、いつも車で迎えに来てくれたり……。

言葉よりは分かりづらくても、そんな愛情あふれる行動をしてくれるのであれば、それは彼女をちゃんと愛している証拠ですよ!

(3)そもそも愛情表現をするという考えが無い

『一緒に居るんだから好きということ。わざわざ口にしなくてもいいと思う』(31歳/弁護士)

日本人の男性に多いのが、そもそも愛情表現をするという考えが無い場合です。
ハグをしたり、「好きだよ」と言って彼女に愛情を示すという考えが、そんな男性たちにはもともと存在しない!

日本人は男性に限らず、自分の感情を表現するのが苦手な人が多いですよね。
「たまには、好きって言ってほしいな!」と可愛くお願いしてみれば、もしかすると考えを改めてくれるかもしれません。

(4)男性は女性に比べて、感情を表すのが苦手

『言いたいけど、自分の感情を表にするのが元々苦手』(27歳/電子機器)

男性は、女性に比べて感情を素直に表すのが苦手な人が多い。
確かに、女性に比べれば無口な人が多いのは確かですよね!
ですので、基本的に「男性」=「愛情表現が下手」と思っておいた方が気が楽かもしれません。

例え彼からの言葉の愛情表現が少なかったとしても、前述したように態度や行動で愛情をはかることは出来ます。


男心って、単純なようでけっこう複雑。
女性には、なかなか理解しづらいことも多いものです。
でも、そんな男性心理を理解することで、ますます彼との絆を深めていけるかもしれません。

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)