恋人同士にとって、ハグは愛情を感じる幸せな時間ですよね。
男性にとっても、彼女からハグされるのは嬉しいもの。
しかし、彼女からのハグが、いつでもどこでも嬉しいとは限りません。

今回は、ハグされたらムカつくタイミングを、紹介していきます。

(1)集中してる時

『プレゼンで使う資料を作ってる時にハグハグビームなんてされたら、誰だってイライラするでしょ』(28歳/広告)

彼が仕事や趣味のことで集中している時のハグは避けましょう。
誰しも集中している時に、邪魔が入るとイラッとするものです。
それが、好きな女性であっても同じこと。

彼女側の心理は、彼がなにかにずっと集中していて、全然かまってくれなくて寂しいから、かまって欲しいアピールでハグしたくなります。
しかしそのハグで彼の集中力を奪ってしまうと、その作業は予定よりも長引いてしまいます。
結果的に一緒にいる時間が減るという、悪循環も招くのです。

それよりも彼がその作業が終わってから、甘えてハグしてほうが、可愛らしくうつりますよ。

(2)急いでいる時

『時間のない時に甘えられるのは無理!!』(26歳/営業)

彼が仕事に出る前など、忙しくバタバタとしている時にハグすると、鬱陶しく思われます。
焦っている時に、邪魔が入ると本当にムカつきますよね。
空気が読めない子と判断されても、仕方がありません。

たとえ、仕事に出る前はハグすることが日課になっていたとしても、急いでいる状況ならば、邪魔しないことが賢明です。
それよりも、「いいから、早く行っておいで~」と快く送り出したほうが、彼には好印象。

余裕のある態度が、彼の心を掴みますよ。

(3)周りに人がいる時

『TPOをわきまえなさい』(29歳/人事)

人前でのハグに抵抗がある男性は多いです。
恥ずかしさが一番ですが、会社の人や、取引先などに見られてしまうと、仕事にも影響がするからです。
また公共の場でのハグは、見ているほうも嫌悪感を抱く人もいます。

彼とのハグは、2人の時間にするほうが良いですね。
むしろ外出時は適度な距離感を取り、二人っきりになった時に、しっかり甘えるほうが、そのギャップに萌えます。
オンオフをしっかり切り替えられる女性は、彼から大事にされますよ。

(4)お風呂に入る前

『僕の邪魔をしないでくれ!!』(26歳/不動産)

何か行動に移そうとする時に、邪魔に入られるとイラッとするもの。
自分の思うように行動できないことに、苛立ちを感じます。
特に、お風呂はプライベートな空間なので、そのプライベートな時間を邪魔されたように感じます。

また一緒にお風呂に入る気があれば、お風呂の前にハグされると嬉しく感じますが、一緒に入る気がないのにハグしてくると、「何故このタイミングでハグしてきたの?」と疑問に感じます。
彼女が何を思ってハグしてきたか分からなく、モヤっとします。

かまって欲しい時は、彼の邪魔にならないタイミングを狙いましょう。


ハグは、お互い幸せな気持ちになれる素敵なこと。
しかし、タイミングを間違うと、彼に「鬱陶しい!」と思われてしまうことも…。
彼が嫌がるタイミングは避けて、ハグを楽しんで下さいね。

(文/恋愛jp編集部)