「彼は私のことが好きだから、彼から別れることはない」という女子はいませんか?
男性にも、本命彼女との別れを考えたくなる時があります。
思い当たるフシがある人は、気をつけましょう。

(1)自分ばかり好きなことに気づいた時

『連絡の頻度や会う頻度やノリの良さから、愛情に差があるな…と思うと悲しくなる』(28歳/広告)

彼女が自分のことを好きでないと気づいたら、男性も別れを考えます。
プライドが高い男性はとくに、自分がみじめな思いをするのが許せません。

クリスマスやバレンタイン、誕生日などのイベントに、彼を放ったらかしにしていませんか?
女性はイベントが大好きなものです。
イベント時に放置されると、彼も「他に男がいるのか?」と勘ぐります。

電話しても出ないことが多かったり、休日に連絡が取れないことがあったり。
彼女のことを好きであればあるほど、男性は辛くなるでしょう。

(2)彼女の聞きたくない過去を知った時

『言わなくていいことは言わなくていいんだよー!!』(27歳/コンサル)

彼女の過去の恋愛を知りたがる男性っていますよね。
中には、彼女の今までの経験人数を聞いてくる人も。

そんなときに正直に答えてはいけません。
男性経験が多すぎると、彼に引かれる可能性もあります。

自分が他の女性より多少多い自覚があるなら、経験人数はサバを読んで申告しましょう。
「男性経験が多い女性は、結婚相手として考えられない」という男性もいます。
正直に自己申告するのは悪いことではありませんが、そこは男性の夢を壊さないようにしましょう。

(3)束縛が激しすぎる時

『いくら大好きでも、あまりに束縛が過ぎると息苦しくなる』(29歳/IT)

束縛が激しすぎるのもNGです。
休日に彼が予定があるというと、誰とどこで何をするのか、根ほり葉ほり聞くのはやめましょう。
何も聞かず、少しそっけないくらいがちょうどいいですよ。

当日に彼に電話やメールをして、様子を伺うのはもってのほか。
あまりに束縛が激しすぎると、彼も結婚してうまくやっていけるのか不安になります。

(4)女を捨てている時

『女として見れなくなったら縁の切れ目だと思う』(31歳/SE)

彼の前でババシャツ姿になったり、ダサい部屋着でうろうろしたりしていませんか?
下着姿で歩きまわるのもやめましょう。

付き合いが長くなればなるほど、家族的な愛情に変わっていきますが、そんなときは要注意。
家族的な愛情に変わっていけば、相手のことが本当に好きかわからなくなることも。
彼に他好きされて、乗り換えられる危険性もでてきます。

彼にずっと惚れさせ続けるためには、彼の前で女でい続けることも重要です。
「彼女に女を感じられなければ、他で探す」という男性も多いので、気をつけましょう。


男性が本命彼女との別れを考える瞬間を、4つご紹介しました。
別れは突然やってくるので、心当たりがある人は注意してみてくださいね。
彼といつまでもラブラブでいられるように、普段から心がけましょう。

(文/恋愛jp編集部)