すごく美人というわけではないのに、なぜかモテる女性っていますよね。
そんな女性は、色気を上手に使っているよう。
しかし、簡単にホテルに連れ込める、安い女にはなりたくありませんよね。

今回は、男性が思うちょいエロ女子の特徴を、紹介していきます。

(1)舌足らず

『頭の悪そうな感じが逆にエロい』(26歳/企画)

ぶりっ子の代名詞でもある舌足らずは、女性には不評ですが男性には可愛くうつります。
滑舌良く話す女性は、クールでかっこいい印象になりますが、色気は少し足りません。

女性が少し酔って、ろれつが回らない時、舌足らずな感じが妙に色っぽく感じますよね。
舌足らずな女性は、話し方もゆっくりでおっとりした印象が、幼く感じ、可愛らしいエロ女子に見えます。
男性は甘えられているように感じるので、かまいたくなります。

(2)スカートの丈が少しだけ短い

『ちょっとだけ短いのがポイントなんです。顔を突っ込みたい』(27歳/コンサル)

露出が多い女性は、すぐにやれそうと思われますが、スカート丈が少しだけ短いと、男性は妄想を掻き立てられ、ちょいエロ女子認定します。
足フェチな男性も多いので、ミニスカートから出ている足に、どうしても目がいきます。
そして、その足の見えない先を妄想するのです…。

(3)ナチュラルに距離が近い

『距離が近いとドキドキする』(27歳/不動産)

ボディタッチが多かったり、話す時に顔が近かったりと、体の距離が近いと、エロ女子認定。
人はパーソナルスペースがあり、他人が近づくと不快になる距離があります。
近づけば近づくほど、密接な間柄の距離ということ。

つまり密接な間柄でもない女性が、自分との距離を縮めてくると、その女性は自分のことが好きなのかと勘違いします。
しかし全ての人と、ナチュラルに距離が近いと、開放的で親しみやすい女性と思われます。
ドキドキする距離にくる女性は、自然とエロいイメージをもたれます。

(4)流されやすい

『なんだかヤレそうな気がするー!』(25歳/営業)

人の意見に流されやすい女性は、男性に従順なように感じます。
従順な女性は、男性のS心を刺激します。
少し押せば体の関係にもなりそうで、エロ女子認定されるのです。

そのように感じさせるのは、隙があるからです。
全く隙がなく、自分の意見を持っている女性に色気は感じません。
やはり男性は、自分が入り込める隙がありそうに見える女性に、色気を感じます。


男性は、エロい妄想を掻き立てられる女性を、エロ女子と認定するようです。
手に入りそうで入らないところに、色気を感じます。
ちょいエロ女子がモテるのは、そのような男心を上手に扱っていると言えますね。

(文/恋愛jp編集部)