こんにちは。心理カウンセラーのSAYURIです。

お一人様や晩婚が特別ではなくなっている昨今、それでもクリスマスが近づきイルミネーションで街が彩られる今の時期は恋人が欲しくなったり、結婚願望が強くなったりする人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はあなたが何故、結婚しないのか?本音を診断したいと思います。

仕事をギリギリまで出来ない理由は?

あなたはデザイナーです。
仕事の締め切りにあと少し余裕はあるのですが、まだ全く手を付けていません。
その理由は?

(1)まだ十分な準備が出来ていないから
(2)気分が乗らないから
(3)他の仕事が忙しくて手が回らないから
(4)明日から取りかかれば十分間に合う仕事だから

仕事を先延ばしにする理由で分かる本音とは……。

(1)を選んだあなた

お相手の全てを理解出来ないと結婚に踏み切れないタイプ
また知識や情報にこだわるタイプなので、自分自身も結婚するにあたっての料理や家事などのスキルが十分でないと「今、結婚しても料理もちゃんと作れないし、子育ての事も分からないことだらけだから」と結婚を先延ばしにしてしまいそう。

しかし結婚して一緒に生活し始めて初めて見える一面があるのも、新鮮さがあるし料理や家事、子育ても例えどんな知識を入れていても、その通りにはならない事も多いのです。
体験してみて初めて知ることも楽しみのひとつだと考えてはいかがでしょうか?

(2)を選んだあなた

自分をとても個性的だと思っているタイプ
普通の家庭を持ち、普通の人生を過ごすことにあまり魅力を感じず自分の世界を大切にしたいと考えるある意味芸術家的な思考の持ち主。

「夫婦生活なんて私の人生が無味乾燥になってしまいそう」そんな恐れを抱いているのではないでしょうか。
同じような感性の持ち主を見つけられたら、とても楽しい家庭を気づけるはずですよ!

(3)を選んだあなた

絶対に負け組にはなりたくないタイプ

結婚するなら高収入で自分の仕事にも理解がある人でなければと、ちょっと高望みしてはいないでしょうか。
旦那様の収入だけに頼るのも嫌でバリバリのキャリアを目指す野心家です。

しかしあまり高望みしすぎていると、どんどん年を重ねてしまい、素敵な男性は若い女性に目が行ってしまうかも知れません。
あなたを認めてくれる男性が必ず側にいるはずですから、少しハードルを低くしてみるのもいいでしょう。

(4)を選んだあなた

人生に波風が立つのを恐れています。
結婚しても、もし夫婦関係が上手くいかなかった場合はどうしよう?と結婚前から不安になってしまいそう。

それでも男性の押しには弱いタイプなので、無難な相手を選んで結婚することになりそうですね。


仕事に取りかかる、つまり仕事を始めるということは新たな人生。
つまり結婚生活を始めることと同じ考え方で判断する傾向があります。
自分のこだわり点を見つけることができたら、少し柔軟になってもいいのではないでしょうか。

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)