街を歩いていて、「この人オシャレだな」と思うことはありませんか?
オシャレな人って、女子から見てもセンスがよくてあこがれますよね。

今回はオシャレな人の共通点をご紹介します。
ぜひマネをして、普段のファッションに取り入れてみてください。

(1)自分に似合うファッションを知っている

『自分の魅せ方を分かってますよね。自分を客観視できる人は自分に似合う服しか着ません』(27歳/IT)

かわいいからといって、自分に似合うかどうかを考えもせず、服を買うのは考えもの。
カジュアルコーデが似合う人もいれば、ガーリーコーデが似合う人もいます。

色も重要なポイントです。
その人が元々持つ雰囲気によって、合う色と合わない色がありますよね。
オシャレな人はコーデの雰囲気からカラーまで、自分に何が一番合うのかを知っています。

自分をよく知っているからこそ、似合うファッションがわかるのです。
オシャレになりたい人は、まず自己分析から始めるといいでしょう。

(2)無闇に流行を取り入れない

『流行っていても自分に似合わないものは取り入れない、そんな取捨選択が上手い人に憧れます』(25歳/金融)

雑誌に載っているお洋服にひとめぼれして、買った経験はありませんか?
トレンドもののアイテムをバッチリ取り入れるのはいいけれど、似合っているかどうかは別。

トレンドアイテムの中には、かなり人を選ぶものもあります。
トップスやボトムなら取り入れやすいですが、丸めがねなどの小物系は、取り入れるのが難しいことも。

自分に似合うかどうかよく考えて、取り入れるようにしましょう。

(3)ブランドより着丈にこだわる

『どんな高いブランド品も着丈が合ってなければ台無しですね』(24歳/保育士)

オシャレさんは意外とブランドにはこだわりません。
好きなブランドの服が、必ずしも自分に合うわけではないからです。

それよりも、実際に着てみたときの着丈のほうが大切。
洋服のサイズ感や丈が少し違うだけで、コーデの印象は変わります。

オシャレ女子は、サイズ選びにもこだわります。
ゆるかわコーデにしたいなら、少し大きめサイズの着丈もあり。
逆にピッタリと着こなしたいなら、サイズを落として着るのもいいでしょう。

どちらにしても、着こなしたいイメージをしっかり持って、サイズ選びすることが大切です。

(4)小物は最低限

『小物をジャラジャラつけてる人は、一周周ってダサいと思います』(32歳/人事)

腕時計やブレスレット、ピアスやリングなどのアクセサリー類は、最低限にするのが大事。
かわいくて、ついつけすぎちゃう人も多いのではないでしょうか?
コーデのアクセントとしてひとつか、多くても2つくらいまでにするといいですよ。

小物が多すぎると、どうしてもゴテゴテした印象になりがち。
オシャレコーデを際立たせるためにも、小物はシンプルにまとめましょう。


今回は、オシャレな人の共通点を4つご紹介しました。
自分の雰囲気や、似合うものをよく知ることで、誰でもオシャレ見えは可能です。
「あの人オシャレ」と思われるように、自分だけのオシャレコーデを見つけてみましょう。

(文/恋愛jp編集部)