彼にとって大切にしたいと考える彼女は、自分のよき理解者である人。
自分のことを分かってくれて、味方でいてくれる彼女は手放したくないと考えます。
彼には、大切な彼女だと思って欲しいですよね。

今回は、男に「僕の理解者だ…」と思われる彼女の特徴を、紹介していきます。

(1)自分の考えていることを言い当てた時

『おいおい、エスパーかよ?俺の脳ミソの中まで丸見えかい?』(27歳/IT)

男性が思わず「何で分かったの!」と思うことが多いと、彼女は理解者だと感じます。
言わなくても分かってくれる、察してくれる彼女は、心が通じ合ってるように感じ嬉しいもの。
また何も言わなくても、求めていることをしてくれる彼女は、大切にしたくなります。

女性は、勘や洞察力が優れています。
彼の行動やクセなどを見ていると、一緒に過ごすうちに分かっていくものです。
ただし全てを先回りしてやってしまうと、母親のようになってしまうので、注意して下さいね。

(2)自分のことを否定しない時

『全てを受け入れてもらった気持ちになれるから』(30歳/メーカー)

彼の意見を否定せず、味方でいてくれると、理解者だと感じます。
彼の意見にダメ出しをして、否定した意見ばかり言うと、嫌な気分になり、何も話さないようになります。
自分を認めてくれる女性は、信頼できずっと一緒にいたいと考えるのです。

否定されると、価値観の違いや考え方の違いが浮き彫りになり、彼女とは合わないのかなと思うようになります。
もし彼の意見が違うと思っても、真っ向から否定せずに、一度受け入れてから、違う意見を伝えると良いでしょう。
その時は一度賛同してから、でもこんな考え方もあるよと、他の代価案を伝えるように言うと良いですね。

(3)趣味を尊重してくれる時

『自分の好きなものを肯定してもらえるのは嬉しいです』(26歳/金融)

共通の趣味ではなく、彼の趣味に賛同してくれると、理解があると感じます。
「そんなの何が面白いの?」などと言う彼女が、理解者だとは思いませんよね。
彼が大事にしている趣味を理解してくれることは、なによりも嬉しいもの。

趣味に時間を割いても、分かってくれる彼女は、居心地がよく、ずっと一緒にいたいと考えます。
人それぞれ好き嫌いはありますが、自分が理解できない趣味を彼が持っていたとしても、受け入れてあげることは必要。
共通の趣味にすることまではしなくても、彼が楽しいと思うことを分かってあげることは大切です。

(4)1人の時間も作ってくれる時

『一緒にいればいるほど、1人の時間が大切になると思う』(29歳/広告)

いくら恋人同士でも、四六時中一緒では息が詰まってしまいます。
たまには、他の友達と遊び、ゆっくりと自分の時間を欲しいと思うもの。
そんな時に、彼女が1人の時間を作ってくれると、理解してくれていると感じます。

大好きな彼女であっても、やはり他人同士。
一緒にいれば気も遣うので、多少の疲れは生じます。
特に仕事が忙しくて会えない時は、彼女のために時間を作らなくてはと、プレッシャーに感じるもの。

彼女から「仕事忙しかったし、たまにはゆっくりしたら」と1人の時間を提案してくれると、信頼されていると分かり嬉しく思います。


彼が一番の理解者だと思う人を、大切にしないわけありません。
ずっと仲の良いカップルは、相手のことを信頼し分かり合っているからです。
彼に求めるばかりではなく、彼の気持ちになって考えると、今まで見えなかったことが、見えてくるかもしれませんね。

(文/恋愛jp編集部)