あなたは「しっかりした女性にならなきゃ」と、いつも強がって、可愛げのない女になっていませんか?
彼は、そんなあなたに不満を感じているかも。
今回は男が彼女に「男心を分かってないな……」と思う瞬間について、紹介します。

(1)頼らない

『僕の彼女は心配事があっても全然相談してくれないんです。もっと何でも頼って欲しいなぁって思います』(24歳/営業)

彼に「大丈夫?何か出来ることがあったら言ってね」と言われても、「大丈夫だよ。ありがとう」と言ってしまう女性は、男心が分かってないよう……。
彼に心配をかけたくないという気持ちは分かりますが、頼らないことで男性は不安に思ってしまいますよ。

男性は「女性を守りたい」という願望が強い生きもの。
頼ってもらうことで、男として見てくれていると感じ自信がついたり、愛されている実感が沸くのです。
ぜひ、適度に彼を頼ってみてくださいね。

(2)素直じゃない

『彼女は、遠回しというか、思ったことを素直に言ってくれません。それなのに後から「分かるでしょ、察してよ!」って言われても……』(22歳/学生)

恥ずかしい、照れくさいからと素直になれず、強がってしまうと、男心が分かってないと思われます。
自分の気持ちを正直に表さないと、彼は彼女がどのように感じているか分からないどころか、素直じゃない彼女の対応に疲れてしまうのです。

例えば、彼が仕事で忙しくて会えない時、あなたならどのように伝えますか?
寂しくても彼に負担を掛けないよう「会えなくても平気だよ」と言ってしまうと、彼は「自分がいなくても平気なんだ」と思ってしまいます。

「会えなくて寂しいけど、仕事頑張って」と素直に「寂しい」といわれたほうが男性は嬉しいものです。
「嬉しい」「好き」「寂しい」など、自分の感情は素直に彼に伝えることを、心がけましょうね。

(3)甘えてこない

『本当は「大好き」って可愛い声で甘えて欲しいのに、僕の彼女はドライで、まるで友達同士みたい。もっとイチャイチャしたいな』(29歳/総合職)

「彼に負担をかけたくない」「キャラじゃないから恥ずかしい」という理由で、彼に甘えることを拒んでいると、男心が分かってないと思われます。
男性は、甘えてくる女性を可愛いと思うので、適度のワガママには喜ぶもの。

甘えることを遠慮していると、よそよそしく感じ「まだ信頼されてないんだ」と寂しくなってしまいます。
四六時中甘え、ワガママ言い放題では、疲れさせてしまいますが、2人きりの時間は少し甘えたほうが可愛いですよ。

普段はクールだけど、2人でいる時は甘えると「自分は特別な存在なんだ」と男性も嬉しくなります。

(4)ヤキモチを妬かない

『彼女は、僕が女の子と遊んでも何も言いません。むしろ「どんどん遊んでいいよ」と言ってきます。大切にされていないのかな……寂しいです』(23歳/芸能)

ヤキモチを通り越して嫉妬深くなると、重い女認定されますが、可愛いヤキモチは「恋のスパイス」。
ヤキモチを妬かれると、彼女から愛されている実感が沸きます。
全くヤキモチを妬かれないと、「自分に興味がないの?」と思うからです。

ここで大事なのは「可愛いヤキモチ」を妬くこと。
彼を責めたてるようなヤキモチは、重く嫉妬深い女になるだけ。
「ちょっとだけ拗ねてユーモアのあるヤキモチ」が可愛いと思われますよ。


いかがでしたか。
どれも度を越えてしまうと、面倒くさい、重たいと思われますが、適度にすれば「可愛い彼女」。

「自分の弱い部分」「人には見せていない部分」を、彼だけに見せると、もっと深い信頼関係が結ばれますよ。

(文/恋愛jp編集部)