彼氏が彼女を溺愛したくなるのは、ふとしたきっかけの場合があります。
溺愛ってどんな感じ?と思う女性にとっては、思いきり愛される女性を目指したいもの。
どのようにすれば、彼氏に溺愛されるのかについて見ていきましょう。

(1)自分との時間を心から楽しんでいる時

『一緒にいて笑顔な女性はほんとかわいい』(23歳/大学生)

一緒に過ごしていても、笑顔がなくて楽しいのかどうか分からない…という彼女を見ると、彼氏は楽しくなくなってしまいます。

でも彼女が笑顔で、とても楽しそうにしているのを見ると「かわいい!」と彼氏は思い、嬉しくなるもの。

人が見ていてもいいから、この場でハグやキスをしたくなるでしょう。
一緒に過ごしている時には、できるだけ楽しく過ごすようにすれば、彼氏は彼女をとても愛しく思うのです。

(2)自分の肩にもたれかかって寝ている時

『かわいいやつだなぁとおもうと同時に一生一緒にいたくなります』(24歳/大学院生)

スースーと寝息をたてて寝ている彼女は、彼氏から見てとても可愛らしく見えるもの。
心を許しているからこそできることですよね。
自分を信頼してくれていると思えるので、彼氏は男としての自信を感じるのです。

甘え上手な女性はこれができるのですが、甘えるのが苦手…と思う女性には少しハードルが高い場合も。

最初は、さりげなく彼氏の肩によりかかってみましょう。
「落ち着くね」とささやくように言えば、彼氏はとても幸せな気持ちになります。
彼女が幸せそうにしていると、彼氏も同じように感じるのでしょう。

(3)色気や女性らしさを感じた時

『色気ある女性は男性は大好物だと思いますよ』(37歳/商社)

外を歩く時は、必ず手をつないできたり部屋で過ごしている時には、髪を触ってきたり。
彼氏にとって、彼女に色気や女性らしさを感じると、離れているのが耐えられなくなるのです。

でもあまりベタベタすると、彼氏から引かれるかも…と不安な彼女は、彼氏の反応を見ながら触れるようにするでしょう。

特に人前でベタベタしたくない彼女に対しては、そっと背中や肩を抱いてエスコートをする程度にしておくはず。
溺愛するあまり余裕のない行動はしたくない!と思っている男性は多いのです。

(4)彼女がヤキモチをやいた時

『自分のことが好きなんだなと再認識します』(26歳/IT)

彼女に他の女性の話をわざとする男性もいます。
彼女がヤキモチをやく姿を見たいから。

彼女がヤキモチをやいて「もう~」と言ってきたりすると、彼氏は彼女を溺愛したくなるでしょう。

彼女としては「ヤキモチをやかせたいのかな」と思った時には、彼氏の望み通りにかわいくヤキモチをやいたフリをすると、彼氏は更に一途になってくれるのです。


彼女を溺愛したくなる瞬間は、彼氏にとってとても貴重です。
この思いをどう表現しようかな…と悩んでしまう男性もいるでしょう。

自分にとって大切な彼氏から溺愛されるのは女として幸せですから、時には思わせぶりな行動をして彼氏を悩ませてしまうのもいいかもしれません。

(文/恋愛jp編集部)