下半身デブに見えるコーデでも、これなら痩せて見える!と思う女性は多いもの。
今回は、下半身デブに見えてしまうカラータイツコーデについてお伝えしていきますので参考にしてみてくださいね。

(1)グレータイツ×グレーチュールスカート

『グレーはむしろ太く見えるよね』(28歳/広告)

グレータイツに合わせるのなら、グレーチュールスカート!と安易に決めてしまっては下半身が太く見えてしまいます。
元々グレーチュールスカートは、ふんわりした素材や広がりが印象的なもの。

そこで会わせたいのは、グレーに対して引き締める黒タイツです。透け感のあるグレーチュールスカートなら、なおさら黒タイツで引き締めて見せたいですね。
全体をモノトーンファッションにすると、オシャレ度がアップします。

(2)ネイビータイツ×暗めチェックスカート

『スカートとタイツの色の相性って大事だなと思う』(25歳/IT)

暗めチェックスカートを選ぶ場合は色が合わないタイツを履くと、チェックの柄によっては下半身デブに見えるのです。

暗めのチェックスカートの中に、ネイビーが混ざっているのならネイビータイツを選んでもそれなりに合うのですが、合わせてきた感を与えてしまうので、あまりお勧めできません。

チェックスカートを活かすのなら、トップの色を含めて全体のバランスを考えながら、タイツの色を選びましょう。
トップを白や淡い色にすれば、暗めチェックスカートでも明るい雰囲気に。

タイツを黒にして、トップもダーク系にすればシックに着こなすこともできるでしょう。
バランスの良いコーディネートにすれば、暗めのチェックスカートも主役になれます。

(3)黒タイツ×カラーパンプス

『色がはっきり出るので、脚のラインが分かるよね』(31歳/商社)

黒タイツにカラーパンプスを合わせる人をたまに見ますが、足よりもカラーパンプスに周りの目を集中させようとする狙いが逆効果に。

カラーパンプスと黒タイツの相性が良くないので、カラーパンプスが浮いて見えてしまうのです。
こうなると人の目は自然にふくらはぎの方に行くことになるでしょう。

痩せるために…と思い履いている黒タイツに、周りの視線が集中してしまいますので、黒タイツには、ダーク系のパンプスを合わせる方が痩せて見えるのです。

(4)ブラウンタイツ×グレータイトスカート

『ブラウンタイツって合わせ方難しいよね』(25歳/保育士)

ブラウンタイツを履けば、暗い色なら痩せて見えると思うかもしれませんが、スカートがグレーの場合は、色が合わないためトップに何を持ってきても違和感を与えてしまいます。

ブラウンタイツを選ぶのなら、濃淡を意識して濃いブラウンのタイツと、薄いブラウンのスカートを選ぶと、違和感を与えずに下半身が痩せて見える効果もあるでしょう。


下半身デブに見えるタイツコーデを、気が付かないうちにしている人は多いですが、周りの人はなかなか本音を言ってくれないもの。
自分自身で鏡を見ながら下半身デブに見えないタイツコーデをしてみましょう。

(文/恋愛jp編集部)