男は女と違ってあまりのろけたり彼女の自慢話をしません。
でも、大好きな彼女の話なら、たまーにぽろっとのろけてしまうことも。

今回はそんな彼氏がのろけたくなる彼女になる方法をご紹介します。

(1)サプライズをやってみる

『色んな人に自慢したくなるから』(25歳/企画)

彼氏に向けるサプライズは、女向けのサプライズと違い、ユーモアを混ぜるとヒット確率が上がります。
例えば、女のサプライズなら、想い、金額、プロセスなどが喜ばれます。
一方、男向けのサプライズとして効果的なのは笑える、相手のツボを押さえられるかです。

例えば、誕生日などに彼氏の趣味のマニアックなアイテムを買って贈る、彼氏の好きな安いお菓子をどっさり買って布団をめくったら出てくる、などインパクトを与えることが効果的。
こういったサプライズをすることで、「これ彼女にもらったんだ」「この前彼女がさ」と笑いながらつい友達にのろけたくなるエピソードが完成します。

(2)可愛く甘えてみる

『自分の中に留めておけないくらい可愛いと思うから』(27歳/商社)

彼氏の気持ちを高めるのも、ついのろけるようにさせてしまうためには効果的。
男はまわりくどい気が利いたことよりも、「かっこいい」「かわいい」「ウケる」などのネタを友達と共有します。

彼氏に可愛いと思われるよう、上手に甘えて、つい彼氏がのろけてしまう彼女になりましょう。

(3)ほかの彼女と違うエピソードを持つ

『天然な子だと天然ぷりが分かるエピソードを話すと周りが笑ってくれるので、よく話しますね』(29歳/金融)

男が彼女を自慢したりのろけてしまうのに、「他と違う」「ちょっと変わっている」ことが重要です。
例えば、趣味がボルダリングだったり、大型バイクに乗っていたり、DJをやっていたり、男も一目置く趣味を持っていると、自然にのろけやすくなります。
普通じゃない彼女だと、友達に話もしやすく、のろけやすいですよ。

(4)逸品をプレゼントする

『すごくオシャレなものをプレゼントされると、アイテムも自慢したいしくれた彼女のことも自慢したくなる』(30歳/営業)

男は身に着けるものに敏感です。

それは靴であったり、時計であったり、財布であったり様々。
センスがいいものを使っていると、自然とそこに突っ込みが入ります。
それをプレゼントしたのが彼女だとしたら、彼氏も誇らしいし、ナチュラルにのろけることができます。

記念日や、クリスマス、バレンタインなどは彼のセンスUPと彼女の株上げのために、少し奮発してプレゼントを選んでみてはどうでしょう。


男は自分からはのろけられない人が多いですが、きっかけさえあれば、大好きな彼女の話をしたいものです。
アイテムや行動、趣味など日常の中で彼女の存在が大きいほどつい彼女の話をしてしまいます。

大好きな彼氏にのろけてもらい、更に愛され彼女になるよう、相手のことを思いやるあげまんになってくださいね!

(文/恋愛jp編集部)