普段、彼にあなたから甘えていますか?
男性が「プロだな」と感じる女子の甘え方をご紹介します。
いつまでも彼に「かわいいな」と思ってもらえるように、ぜひ参考にしてください。

(1)キラキラした眼差しで上目遣い

『そんな可愛い目で見られたらもう我慢できない』(25歳/営業)

女子の上目遣いは、かわいらしくて子犬みたいですよね。
甘えられているみたいで、上目遣いに弱い男性も多いです。
「女性に下から上目遣いをされると、ドキドキする」という男性も。

普段男性を見上げることのない背の高い女性は、たまにはヒールのない靴を履くのもいいですよ。
彼を下から上目遣いで見つめると、彼もドッキリするでしょう。
そのまま彼の目を見つめながら話をするだけでも、効果絶大です。

(2)自分からくっつきに行く

『くっつき虫な子が彼女だったらフィーバーしますね。たくさん可愛がってやろう…♡』(27歳/IT)

男性も、たまには女性のほうから甘えてほしいもの。
恥ずかしがらずに、自分から彼にくっついていきましょう。
不意打ち的にピッタリくっついて甘える女子は、猫みたいでかわいいものです。

女性からの積極的なスキンシップも、男性にとってはうれしいポイント。
2人の愛を深めるためにも、適度なスキンシップは欠かせません。

後ろからギュッと抱きついたり、彼の横に座って二の腕をハグしたりしちゃいましょう。
くっついているうちに彼のほうがメロメロになって、我慢できなくなるかも?

(3)彼の肩に頭を載せる

『心を許してもらってる感がいいですね。ついでに体も許してください』(29歳/金融)

ソファに座ってテレビを見ているときなんかに、彼の肩に頭を載せるのもおすすめ。
横に座っているときに、さりげなくもたれかかるようにして、頭を載せましょう。

彼も大好きな彼女にもたれかかられると、胸がキュンとなるもの。
そのまま肩を抱きしめたくなったり、頭をなでてあげたくなったりします。
彼がスキンシップをしてきたら、2人で思う存分イチャイチャしちゃいましょう。

家に2人でいるときには、ぜひ彼の肩に頭を載せてみて。

(4)「今日は1人でいたくない」と言う

『今夜は寝かさない…♡』(26歳/IT)

彼と一緒にいたいときは、恥ずかしがらずに素直に言ってみるのもあり。
「今日は1人でいたくないの」とすねた感じで、甘えるように言ってみて。

内心では男性も、たまには女子のほうから誘ってほしいと思っています。
積極的にあなたのほうから誘ってあげると、彼も喜んでくれるでしょう。

「しょうがないな」と言いながら、彼も内心ではあなたにメロメロになっているハズ。
彼も、あなたを離したくないと思ってくれますよ。


大好きな彼女から甘えられると、男性なら誰でもうれしいものです。
普段あまり彼に甘えない女子は、たまにはプロの甘え方で、彼の心をとろけさせましょう。
いつまでもかわいい彼女でいられるよう、甘え方の研究をしてみてはいかがでしょうか?

(文/恋愛jp編集部)