疲れているから…という理由でデートを断られたとしたら、疲れている時には会いたくないと思われている可能性も。
でも疲れていても会いたい、疲れているからこそ会いたいと思わせる女性像が男性の中にはあるのです。
彼氏が疲れていても会いたいと思うのは、どのような女性でしょうか。

(1)料理上手

『彼女のご飯を楽しみに仕事を頑張れるから』(26歳/IT)

料理上手の女性は、男性の永遠の憧れです。
自分の好きな料理をおいしく作ってくれる女性に、男性は感謝の気持ちでいっぱいになるでしょう。

それと同時に、この女性になら甘えられる…と思い、疲れていても会いたくなるのです。
疲れていても、彼女の料理をする姿を見たり料理を食べたりすれば明日からまた頑張れる!と思う男性はとても多いです。

(2)マッサージをしてくれる

『自分のことを労わってくれて涙ちょちょぎれそう』(29歳/企画)

マッサージをしてくれる彼女は、まさに癒しの存在。
こういう女性を待っていたと思う男性もいるでしょう。

与えてもらうことよりも、彼氏に何をしてあげられるかを大切にしている女性となら、男性は疲れている時でも会いたいと思うもの。
マッサージなんてしたことがないという女性でも、肩をそっともんであげるだけで、男性は癒しの空気に包まれてこの上ない幸せを感じるのです。

(3)そっとそばにいてくれる

『君を守るために生まれてきた気がする…』(29歳/人事)

疲れているという言葉を言わなくても、そばにいてくれる彼女は男性にとってとても大切な存在。

ここで男性は、普段出せない弱さを見せられるのです。
女性は男性が弱さを見せてくれたら、思い切り受け止めてあげましょう。

男性の言葉を否定せずに、これからもずっと味方でいると伝えると男性はとても嬉しい気持ちになれるのです。

(4)いつも笑顔

『その笑顔を見たいから頑張ってるんだ』(25歳/飲食)

いつも笑顔でいてくれる女性に対して、男性は「この子が彼女で良かった」と思うでしょう。
元カノのご機嫌取りをしていた男性は、もうそんな恋愛をしたくないと思っているはず。

でもいつも笑顔でいてくれる女性からは、プラスのオーラを感じるでしょう。
これを感じて、男性も一緒に笑顔になれるのです。
「こんなに居心地の良い相手は初めてだ…」と彼氏が感動するかもしれません。


疲れていても会いたいと思える女性になるためには、彼氏を癒す存在でいられるように心がけるといいですね。

ときめきが欲しい時もあれば、癒しが欲しい時もある、これは男女ともに同じなのです。
彼氏が求めているのはどちらだろう?と状況を察知できる女性が、本当の意味で「求められる女性」なのです。

(文/恋愛jp編集部)