気の利く女性はモテる、とよく言いますよね。
ただ、どのような行動に男性は「気遣い上手」と思うのでしょうか。
今回は、男性に「気遣い上手」認定される行動についてご紹介します。

(1)飲み物を渡すときフタを開けておく

『これをできる子はモテます、間違いなくモテます』(29歳/広告)

飲み物を買った時に、フタを開けて相手に渡すことってあまりないですよね。
なので、これはドライブデートの時にぜひ行ってほしい気遣いの一つ。

ドライブデートで飲み物を渡すとき、フタを開けて「いる?」と聞いてみましょう。
相手が飲みやすい/使いやすい状態で渡してくれるのは、気遣い上手◎
ドライブ中は、片手でフタを開けにくいので、男性はとても助かりますよ。

(2)彼が疲れている時に無理させない

『カフェで休んでも気まずくならない子だと一緒にいて楽ですね』(26歳/IT)

休日だからといって、彼がいつもあなたに合わせられる訳ではありません。
彼が仕事などで疲れているときは、怒ったりせず休ませてあげましょう。

デート中も、ショッピングなどにふりまわさないこと。
彼が疲れているな…と感じたら、「休憩しよう」と一言言ってあげましょう。
カフェに行ったり、ベンチで休憩したりすることが大切です。

相手の気持ちを察知できる彼女だな…と男性が思うこと間違いなし。
疲れを言わない男性だからこそ、女性の察知能力が必要となるでしょう。

(3)ハンカチ&ティッシュを手渡す

『ハンカチやティッシュを常備している人は意識が高いと思う』(27歳/商社)

女性の身だしなみやマナーの一つとして、ハンカチとティッシュを持ち歩くことは必須。
男性は、ハンカチもティッシュも持ち歩いていないことがほとんど。
そのため、いざという時に、さっと手渡せると◎

例えば、何かをこぼしたときやくしゃみをしたときは出番です。
さっと差し出せる女性に魅力を感じる男性は多いもの。
女性ならではの気遣いで男性を虜にしましょう。

(4)料理のとりわけ

『自分より先にやってくれる人は出来る子だなと思う』(26歳/企画)

王道中の王道がこちらですね。
あなたが料理をとりわけると、男性は気遣いができると思うのは当然。
ポイントは、男性が取り分けてくれるときです。

男性が自ら料理を取り分けてくれる時は、その役を奪わないこと。
気遣い上手は、男性に任せて彼を立てるのです。
男を立てることが女性の気遣い、と覚えておきましょう。

そして、男性が料理を取り分けてくれたときは、お礼を忘れずに。
感謝を伝えることもポイントです。


いかがでしたか。
気遣いは、しようと思えば誰でもできることですよね。
大事なのは、ポイントをおさえ、あなたが実践するかどうかのみ。

ちょっとしたことで男性から「気遣い上手」の認定がもらえますよ♡

(文/恋愛jp編集部)