会いたくても、彼氏に「最近、忙しいんだよね」と言われると誘いにくいですよね。
「忙しい」と言われて誘いを断られることが増えると、本当に彼氏は忙しいのか疑ってしまうかもしれません。
では、どういう気持ちの時に彼氏は「忙しい」と言うのでしょうか。

(1)「あまり誘ってこないで」と思っている

『ハッキリとは言えないから、あんまり言いたくないけど察してほしい』(26歳/企画)

「忙しい」というのは、マイルドな断り文句です。
男ははっきりと女の誘いを断ったり、傷つけるようなことを言ったりするのが苦手。
社会人の場合、一番の言い訳に「忙しい」と仕事を使います。

付き合って安心してきた時期や、一人になりたいときなど、「忙しい」と言って会う回数を減らしているのかもしれません。
追求するのはやめて、どーんと待っていましょう。

(2)ちょっと距離を置きたいと思っている

『距離が近いと疲れる』(24歳/企画)

彼氏が「最近忙しくて会えない」と言うとき、代替え案やいつ落ち着きそうかという話をしてくれますか?
そうじゃなく「忙しい」だけで返してくる場合、少し距離を置きたいのかもしれません。
何となくニュアンスに冷たさを感じたり、いつ頃空いているか聞いても適当な返事をされたりした場合は、あなたと少し距離を置きたいと思っているのかも。

離れた心は、すがるほど逃げていきます。
今は距離があったほうがいい時期だと割り切って、自分も忙しくしましょう。

もじもじ考えて、何度も連絡しても状況は変わらないし、解決しません。

(3)仕事や趣味、友達との時間が欲しいと思っている

『他に優先したいことがあるから』(27歳/飲食)

彼女との関係も安定し、彼氏はちょっと自分の時間が欲しくなっているのかもしれません。
そんな時期に会いたい場合は、彼氏の趣味に少しでも興味を持ってみてはどうでしょう。
よく遊んでいる友達が分かったら、折を見て紹介してもらうのもいいかもしれません。

彼氏が自由な時間が欲しいタイプの場合、すねたり、抗議したりするのは逆効果です。
自分も一人で過ごせる時間を楽しめるよう、工夫してみてはどうでしょうか。

(4)本当に忙しい

『ブラック企業なんて入るんじゃなかった…』(27歳/商社)

正直なタイプの彼氏が「忙しい」と言っている時は本当に忙しいかもしれません。
仕事がいつ落ち着くかもわからないし、仕事の後は寝ているだけなんて状態かも。
そんな時は問い詰めたり、寂しさアピールしたりすると彼氏がキャパオーバーになってしまいます。

ねぎらいの言葉をかけ、忙しさが去るのを待ちましょう。


距離を置きたい時でも、本当に忙しい時でも、会えない事実はかわりません。
その理由が仕事や彼氏の好きなことだったら、止めることもなかなかできませんよね。

そんな時は、友達と過ごしたり、自分磨きをしたりするチャンスです。
じっと自分を待つ彼女よりも、会うと印象が変わるいつも楽しそうな彼女のほうが彼氏を夢中にさせられるはず!

会えない時間を有効に使ってくださいね。

(文/恋愛jp編集部)