自分は幸せではないなと思ったことありますか?
もしかしたら、充分幸せなのに、自分で幸せを逃しているのかも……。
今回は、幸せになれない女性の特徴を、紹介していきます。

(1)男が自分を「幸せにしてくれる」と思っている

『男が幸せにするもの、きっとしてくれると思っている』(32歳/通信機器)

自分の幸せを他人まかせにしている女性は、幸せにはなれない。
このような考え方で男性とお付き合いすると、男性が自分の思うように動いてくれなくて、不満が溜まるようになります。
また、彼に幸せにしてもらうために、彼の顔色を気にし、自分の気持ちを後回しにします。

彼に幸せにしてもらうのではなく、自分で幸せになることが必要です!
人に自分の幸せを委ねてしまうと、自分の幸せの基準が曖昧に。
自分の気持ちが分からないままでは、幸せにはなれませんよね?

自分の幸せと、彼の幸せは別のこと。
分けて考えると、自分の幸せの基準が分かるようになりますよ。

(2)受け身

『常に受身で、自分の意見のない女性ですね』(29歳/マネージャー)

受け身体質の女性は、幸せになれない傾向に……。
受け身の姿勢は、相手を尊重しているとも言えますが、自分の気持ちを置き去りにしています。
自分の気持ちを大事にしていないと、幸せは感じないもの。

受け身の女性は、自分に自信がなく、嫌われたくないというネガティブな思考の持ち主であることが多いです。
そのため、自分の気持ちを押し殺し、相手の言いなりになります。

待つばかりでは幸せはやってこない。
積極的になれというのは難しいので、相手と対等に考えることから始めると良いですね!

(3)他の人と比べることが多い

『何でもかんでも他の人と比べて、マイナスな考えになる』(24歳/医学生)

自分を他の人と比べてばかりいると、幸せに感じません。
他の人と自分を比較して、相手をうらやましいと感じると、本当は充分幸せなはずなのに、幸せを実感できなくなってしまうもの。
そうすると、他人の幸せを嫉妬するようになります。

自分の幸せを、他人の幸せのものさしで計っても、意味がない。
嫉妬に苦しみ、今ある幸せまで気付かずに逃してしまうことも……。

まずは、自分の幸せに敏感になることが大事!
他人の表面的な幸せと比べても、真の幸せは見つかりません。

(4)自己評価が低い

『自分なんてが口癖』(29歳/経理)

自己評価が低いと、自分で自分のことを否定していることに……。
自分のことを正当に評価できない女性は、幸せになれません。

「どうせ、私なんて……」と言っている人は、自己評価の低い人。
このような女性は、どれだけ自分が頑張ったとしても低い評価を自ら下し、ネガティブになるばかり……。
幸せという感覚を掴めないままになります。

幸せに思えない人が、幸せになれるはずがない!
まずは、自分を否定しないことから始めましょう。


幸せになるには、まず自分の気持ちを受け入れることから始めます。

自分の幸せの基準が分からなければ、幸せと感じることはないでしょう。
幸せと感じないのならば、まずは小さな幸せから見つけてみて下さいね!

(文/恋愛jp編集部)