「気になる彼に告白されたい」と願う女子は多いでしょう。
自分から告白するよりも、男性から告白されたいですよね。

男性に告白させる誘導テクニックを、4つご紹介します。
ぜひテクニックを駆使して、彼から告白させちゃいましょう。

(1)「もっと一緒にいたい」でメロメロに

『素直な言葉に胸キュンです』(27歳/商社)

彼と2人きりでデートするチャンスがあれば、帰り際に寂しさをアピールしましょう。
「もっと一緒にいたいな」と残念そうに言えば、彼のあなたにメロメロに。
次のデートに誘う口実にもなりますよ。

ただし、くれぐれも付き合う前には体の関係を持たないようにしてくださいね。
誰とでも寝る女性と思われたら損です。
軽すぎる女性は恋愛対象として見れない男性も多いので、体の関係は付き合うまでセーブしましょう。

(2)嫉妬心を煽る

『ほかの人に取られるのは嫌です』(31歳/コンサル)

適度に彼の嫉妬心を煽るのも、重要なテクです。
モテるアピールをする必要はありませんが、会話の中でほのめかす程度ならどんどん行って。

たとえば彼に「モテるでしょ?」と聞かれたら、否定はしないでおきましょう。
「告白なんて、高校のとき以来されたことがない」という女子も、正直に答えるのはNG。
「そんなことないよ。普通だよ」くらいにとどめておいて。

あなたの「普通」という言葉に、彼は反応するハズ。
「普通程度にモテるのなら、ライバルがいるのかも?」と思うでしょう。
彼の嫉妬心に火をつけられれば、自然とあなたを手にいれたいと思ってくれますよ。

(3)さりげなく好意を伝える

『相手が自分のことを好きという確証がないと告白できないので』(25歳/IT)

さりげなく、彼に自分の好意を伝えるのも大切。
たとえば、彼に好きなタイプを聞かれたときは、彼みたいな男性のタイプを伝えましょう。
彼が「自分に当てはまる」と思ってくれれば、しめたもの。

またバレンタインデーは、他の男性にあげる義理チョコとは別の、本命チョコをあげましょう。
好意を示されると、彼もあなたを意識するようになります。
あなたのことが頭から離れなくなるかも?

(4)ボディタッチをする

『ボディタッチは嫌でも意識しますね』(27歳/人事)

2人でデートするときは、自分からボディタッチをしていくのがおすすめ。
並んで歩いているときに自分から手をつないだり、腕を組みにいったりしちゃいましょう。

奥手な男性にはとくに効果的。
たとえ自分からボディタッチをしたくても、嫌われるのが怖くてできない男性も多いです。
そんなときに、あなたのほうからボディタッチしてあげると、彼も喜んでくれるでしょう。


「いい感じの彼がいるけど、なかなか告白してくれない」
そんな女子は、彼に告白させる誘導テクニックを使ってみて。

嫉妬心を煽ったり好意を伝えたりすることで、彼に焦りと自信の両方を与えましょう。
彼も告白したいと思ってくれるハズ。

(文/恋愛jp編集部)