「体の相性がいい」という言葉を友人や周りから聞くことがあるけど、どういうことなのかわからない……なんてことはありませんか?
今回は、彼氏との体の相性がいいと感じる5つの点に関してちょっと具体的にご紹介。

(1)性器の相性

『入れたときのフィット感は大事ですね』(29歳/塾講師)

これは彼氏の男性器の大きさや形状、長さと、自分の女性器のきつさや入りやすさなどのかみ合い具合です。
なかなか入らなかったり、どちらかが痛い思いをしたりするようであれば、性器の相性がいいとは言えません。

また、きついからと言って、ゴムを付けない口実にしてくる男は最低です!
性器の相性がいい場合は、すんなりと入り動きやすくて、お互いすぐに感じあえるでしょう。
これは努力でどうにかなるものではないですが、回数を重ねることや、角度や体位で問題が解決することもあります。

性器の相性がいいにこしたことはないですが、それが全てではありません。

(2)肌の相性

『がっしりした男らしい肌も重要ですね!』(26歳/事務)

お互い裸になって抱き合った時、気持ちいいと感じますか?
もし感じられるなら、肌の相性がいいのでしょう。
彼氏の身体の厚さや、しっとり感、温度などいろいろな要素がピッタリな時、肌が触れ合うのが気持ちいいと感じます。

女側も、肌を撫でられてそり残しがあったり、肌がカサカサなのにクリームを塗ってなかったりするようなことがないように気を付けたいですね。

(3)言葉責めの相性

『自分自信がMなので、ちょっとSっぽい男性が相性がいいと思います。逆にMっぽい人は楽しくない……』(31歳/主婦)

エッチの時に使う言葉も大事な要素の一つ。
言葉に違和感を覚えると、一気にしらけ、冷めてしまいます。

特にちょっと年齢差があるカップルは、使う言葉が気持ち悪くて途中で嫌になってしまうことも。
また、漫画やAVの見過ぎで独りよがりな言葉を投げつけてくる男にもうんざりしてしまいますよね。
身体の相性以上に、言葉のコミュニケーションで思いやりや愛情を深めることができるので、言葉の相性もとっても大事なんです。

(4)においの相性

『汗のにおいとか、フェロモンのにおいでわかる』(22歳/フリーター)

エッチを始める中で最初に感じる違和感はにおいではないでしょうか?
不潔なにおいはもちろんNGですが、体のにおいは個性があり、また、相性があるもの。
普段は服を着ていて感じなかったり、香水のいいにおいしかしなかったり、エッチの時に脱いでみないとわからないにおいに直面します。

裸になるので、このにおいの良し悪しはとても重要。
ちなみに、いいにおいと感じる場合、遺伝子的に相性がいいらしいですよ。


身体の相性が良くて、なかなか別れられないカップルの話を聞きます。
付き合っていく中で、お互いにいろいろと合う合わないがありますが、身体の相性がいいにこしたことはない。

昨今は結婚してもロスになる家庭も多いそうなので、大事な要素の一つとして身体の相性がよいと悩みが一つへるかもしれないですね!

(文/恋愛jp編集部)