男としては、自分を立ててくれる女性を好むもの。
これを感じると、この子を大切にしたいと思うのです。

なので、今回は彼を立てるのが上手な女性の特徴をお話いたします!
その特徴について知っておくと、役立つ機会が多いはずです。

(1)友人のいる前で褒める

『何人かの団体でいる際に、ほめてくれるので、気分もいいし自分株も上がるので嬉しい』(31歳/公務員)

友人の前で、彼を褒めることが出来る彼女は、彼から見て大切な存在!
でもあまり大げさに褒めると、わざとらしさを感じるでしょう。
さりげなく、でも丁寧に褒めることが出来る彼女なら、彼は「この子なら誰に会わせても安心」と思うのです。

彼がミスをした話や、ドジをした時の話をしてしまうと彼の評価を下げる結果になりますので、言わないように気を付けましょう。
話が盛り上がると、つい口に出してしまう場合もありますので、普段から意識をしておくといいですね。

(2)引き出し上手

『自分のいいところを見つけてくれるので上手だな……と思います』(29歳/運送業)

彼の中には、まだ見えていないだけで多くの可能性があります。
それをうまく引き出せるかどうか、これも彼女なら出来たほうがいいこと。

彼氏のいいところは、一緒に過ごせば過ごすほど見えてきますよね。
自分のいいところは、自分では見えない場合が多いのです。

こういう時に、自分をよく見てくれていると感じると、彼はとても嬉しい気持ちになるでしょう。
自分を立ててくれる彼女の存在を強く感じる瞬間ですね。

(3)仕事を理解する

『仕事の話をしてもしっかりと聞いて、夜が遅いことも理解していることろ』(30歳/経理)

仕事に対しての話をしたいタイプの彼もいれば、できるだけ言わないでいたいと思うタイプも。
でも信頼できる彼女の前では、仕事について少し話したい時もあるのです。
こういう時には、興味深くしっかりと聞いてあげるようにしましょう。

彼が話そうとしてくれた思いを大切にして、思いやりのある言葉を伝えて彼の仕事への情熱を理解すれば、彼は話して良かったと思うもの。
これからも、仕事の話をしてくれるようになるでしょう。

(4)「でも」「だって」を言わない

『あんまり言い返さないことだと思います。でもとかをよく口にする女性は否定的です』(28歳/教師)

彼が良かれと思ってアドバイスをしてくれているような時に、「でも」や「だって」とそれを受け入れない姿勢を見せると、せっかくアドバイスをした彼の立場がなくなります。
それよりも彼が伝えてくれた言葉や思いを大切にして、ありがとうと感謝の気持ちを伝えましょう!

「アドバイスや意見を彼女に伝えて良かった」と彼に思わせるのも、彼を立てるということなのです。


彼を立てるのが上手い彼女は、手放したくない存在になりやすいでしょう。
どうすれば彼を立てられるのか……と悩んだ時には、自分を守るのも必要ですが彼を守る気持ちを優先してみるといいですね。

(文/恋愛jp編集部)