恋愛結婚が主流の現代、既婚者のうちどれくらいの人が運命の相手だと感じているのでしょう。
女性は、いくつになっても素敵な恋愛を夢見るものです。
ですが、打算が働く場合も多々あるでしょう。

こんにちは、コラムニストの玉恵です。
今回は結婚相手に悩むこんな相談……。

(1)女の適齢期は足かせになる?

『もう結婚適齢期です。周りは皆落ち着いちゃったし、私もそろそろ落ち着かなきゃいけませんよね。彼氏は居ますが正直性格が合わないと感じています。会話も少なく、笑い合うことがあまり無いけど可もなく不可もないから居ます。多分、向こうもそうなんじゃないかな。別に好きでもないけれど、適齢期だから別れる勇気がありません。でも、結婚するのかと言われると、悩みます。友人達の結婚式はとてもラブラブそうに見えました。このままつき合っていてもいいのかな』(31歳/事務)

成る程、確かに今次の相手も居ないまま別れるとなると、勇気が居る年齢ですね。

(2)結婚するのに必要なことって何

幸せになれるのに、ならない女性って居ますよね。
その分かれ道って、どこなのでしょう!

今回は既婚女性に話しを聞いてみました。

『金遣いが荒いのは結婚前から知っていたけど、私も一生働きたかったしいいかなって。生活費だけ貰って、私も好きにやってます。何て言うか自分の好きにさせてくれるし、これでいいやって。聞かれたら激怒されますけどね』(26歳/販売)

『正直もう探すのが面倒クサかった。つまらない人だけど、誠実だし。これでいいのかなって思う時もあるけれど、私は家で家事しているの好きだからこのまま死ぬまで平和ボケします』(33歳/無職)

『何も考えて無かったかな。結婚式してみたかったし、ダメだったら別れればいいかって思って!私浮気症だから絶対いつかは離婚するなって思いながらも結婚しました。適齢期だったし、とりあえずかな!』(29歳/アルバイト)

(3)甘い女性はカジると苦い?

何ともビターな回答でした……。
勿論相思相愛で結婚することも多々あるでしょうが、必要なのは妥協ということでしょうか。また、考えすぎるのは良くないようです。

もし彼が好きで別れたくないなって思うのであれば、とりあえず結婚するのもアリかもしれません!

●ライター/玉恵(ダメンズ専門家)