あなたのそのファッション、安っぽくなっていませんか?
男性に「安っぽい」と思われるファッションを、4つご紹介。
念のため、手持ちの服をチェックしてみましょう!

(1)首元がヨレてる

『何度も洗濯しました感のある襟元』(26歳/アパレル)

お気に入りの服だからといって何年間も同じものを着ていると、しだいに首元がヨレてきます。
着るものに気を使わない「安っぽい女」のレッテルを貼られることが……。

トップスの首元がヨレヨレになってきたら、思い切って部屋着専用にするのもあり。
「まだまだ着れる」と思ってそのまま着続け、貧乏くさいと思われても嫌ですよね。

首元をヨレさせないためには、着脱のときに必要以上に広げすぎないことも大切です。
できるだけ丁寧に扱って、長持ちさせましょう!

(2)無駄なフリル

『袖についてるのはわかるんですが、意味の分からないところについているフリルは理解できない』(31歳/広報)

フリルは女子からすれば、女の子らしくてロマンチックですよね。
しかし、やりすぎフリルはNG!
男性からすると、あまりに年不相応のふりふりファッションは、ぶりっ子認定されます。

ファッションのスパイス程度にピンポイントでついているなら別ですが、全面フリルは考えもの。
やりすぎ感があるので、あくまでフリルは控えめにしておきましょう。

(3)薄手のニット

『質の悪いスカスカニットは、いかにも……です』(26歳/飲食)

生地の質が悪そうな薄手のニットも、安っぽく見えます。
とくに化学繊維だけで作られているニットは要注意。
見る人が見れば、すぐに安物だとわかることも。

ウールやコットン、カシミヤなどの天然素材が少なくとも70%以上のものを選ぶといいですよ。
30%未満なら、ポリエステルやアクリル素材などの化学繊維が入っていても、安見えしません。
購入するときにしっかりとチェックして、少しでも高見えするものを選びましょう。

(4)色あせた服

『黄ばんだ感じのニットは、女子力のかけらもないと思う』(31歳/自営業)

色あせて、ぼんやりした発色になっているニットはありませんか?
何度も洗濯をしているうちに、最初はキレイな発色だった服も、だんだん色あせてくるもの。

乾燥機を使う人は、とくに服の色あせや、生地の痛みが早くなるのでご注意ください。
乾燥機には、毛玉ができやすい欠点もあります。
手持ちの服をよく見てみると、小さな毛玉だらけになっていることも。

長持ちさせたいお気に入りの服は、乾燥機にはかけないほうがいいですね。
色あせた服は、割り切って部屋着に回したり、古着ショップに売ったりしましょう。
そのまま着ると貧乏くさく見えるので、要注意です。


男性に安っぽいと思われるファッションをご紹介しました。
「お気に入りの服を、何年間もずっと着続けている」という女子は要注意!

襟元や色の具合を、すぐにチェックしてみて。
生地が傷んでいたりヨレていたりする場合は、部屋着に回す決断も必要ですよ。

(文/恋愛jp編集部)