エッチするなら、彼氏にも気持ちよくなってほしいですよね。
でも、「リードしすぎて引かれてもいやだし……」男の人がどうしたら喜ぶかはなかなか分かりません。

今回は、女子でも取り入れやすい「床上手」認定される前戯テクニックをご紹介!

(1)耳は優しく責める

『優しく耳を責めてくる女性は上手です』(31歳/不動産)

女性が前戯で責める場合、男が一番触って欲しいアソコをあえて避け、ほかの部分で気持ちを高めることが効果的。

特に序盤は遠い部分の耳から責めるのが良いでしょう。
耳元で聞こえるか聞こえないかわからないくらいの声で囁いて密着度をあげたり、耳を優しく責めたりするのが効果的です。

基本はやさしく、唾液を出しすぎず、痛くないくらいの甘噛みを入れながら責めてみましょう。
また、耳元で「好き」などの言葉をささやきながら気持ちを高めてみてください。

(2)彼の指を優しく舐めてみる

『アソコを舐めてる感覚で指を舐められる感じです』(26歳/接客)

前戯がうまい女性は、男性に「早くアソコを触ってほしい」と思わせるのが上手。
更にそれをいかにじらすかで気持ちの高まりや感度も変わってきます。

遠回しに気持ちをそそることができるのが、彼氏の指をエロく舐めることです。
最初は一本から、徐々に本数を増やしてみて、時に盗み見るように上目遣いで彼氏の表情をうかがってみましょう。

(3)乳首はバリエーションを持たせて触る

『乳首をいろんなパターンでいじってくる』(30歳/教師)

彼氏の性感帯だからと言って、すぐに乳首をそのまま触っていませんか?
感じやすいタイプであればあるほど、じらすと彼氏の高まりもマックスになるでしょう。
乳輪のあたりをなぞったり、乳首に触れるか触れないか微妙な触り方をしたりして、彼氏の反応を楽しんでみてください!

指で一通り責めた後は、舌でも同じようにじらしながら責めてあげましょう。

(4)激しいキスをしながら亀頭を優しく触る

『キスしながら、下半身を触ってくるのは反則です……♡』(28歳/インストラクター)

彼氏が徐々に感じてきたら、二ヵ所を一気に責めてみましょう!
といっても性感帯ばかり責めていたらプロっぽくなってしまいます。
彼女なので、キスをしながら乳首を責めたり、亀頭を優しく触ったり手がお留守にならないようにさりげなく動かしてみましょう。


事前に勉強して、彼氏を喜ばそうと思っていても、彼氏の性感帯が思っていたほど感じない部分だったり、好きじゃなかったりすることもあります。
喋りすぎると白けるという意見もありますが、セックスはお互いを気持ちよくさせるためのコミュニケーションです。

彼氏の要望に積極的に答えてくれる彼女に、彼氏も大満足するでしょう。
また、たまには自分がして欲しいこともお願いすると更にいい関係が築けます。
恥ずかしくても、彼女のお願いは叶えたいと彼氏的には燃える要素にも。

二人で更に気持ちよくなれるよう、努力してみてくださいね!

(文/恋愛jp編集部)