【相談者:20代女性】

私は恋愛慣れしていないうえ、天邪鬼な性格ということもあり、なかなか片思いがうまくいきません。
友達の話によると、私が片思いしている男性が裏で「俺のこと嫌いみたいだから」と言っていたこともあるようです。
本当に好きなのにこのようにいつも相手から勘違いされてしまうんです。
もちろん自分の態度に原因があるのはわかっています。ただ私のどのような言動が男性を勘違いさせているのかわからないのです。

勘違いされる可能性のある駆け引きにはくれぐれも注意を!

ご質問ありがとうございます。コラムニストのLISAです。

片思い中の恋愛において、駆け引きは効果的だと言われる場合も多々あります。
とはいえこの駆け引き、一歩間違えると相手を振り向かせるどころか、相談者様のように相手から勘違いされ、それを機にひとつの恋が終わりを迎えてしまう場合もあるのです。

そこで今回は男性の方々から伺ったお話に基づき、気になる彼から「この子は俺に興味ない」と勘違いされる言動を4つご紹介いたします。

「いつも片思いがうまくいかない」「なぜか相手から勘違いされてしまう」とお悩みの女性は、これを機に自分の言動に当てはまる点がないかを確かめてみてください!

(1)曖昧な発言やはぐらかしが多い

『何を聞いても「ええーどうだと思う?」「まあ、そんなところかな」と曖昧な発言やはぐらかしばかりされると、この子は自分に興味がないんだなと思っちゃいますよね。それがちょっと気になっている子であれば、なおさらショックからすぐにでも諦めようとしてしまいます』(29歳/銀行員)

片思い中の男性から「この子のことをもっと知りたい」と思われるきっかけをつくることは、彼から興味を持ってもらうことにもつながるんです!
実際、多くの男性はミステリアスな女性に弱いとも言われています。

とはいえ何でもかんでも曖昧な発言ではぐらかし、自分のことを一切教えようとしないのは危険。
それがきっかけで男性から「この子は自分に興味がないんだ」と勘違いされる可能性だってあるのですから。

(2)嫉妬させるためにわざと他の男と仲よくする

『嫉妬させるために他の男とわざと仲よくする子っているじゃないですか。でもあれって、男からすると「自分は脈ナシなんだな」と思わされる行為なんですよね』(25歳/販売員)

他の男の影を見せることにより、男性の闘争本能に火をつけ、そこから相手に追わせるという定番の駆け引き。
もちろんうまくいけば、彼に嫉妬心を抱かせ、あなたの方へと振り向いてもらえるチャンスをつくることができるでしょう。

しかしわざとらしく他の男性と仲よくする姿を見せつける様子は、嫉妬心を抱かせるどころか、脈ナシであるという勘違いをされる恐れがあります。
嫉妬をさせたいがためにあからさまに他の男性と仲よくするという行為は、片思い中の恋愛において逆効果となる可能性も高いのです。

(3)理由なくLINEの返信を遅らせる

『LINEの返信が遅いと「あっ、この子は自分に興味が無いんだ」って思います。多少なり好意があればすぐに返してくれると思っている部分があるんですよ、男って』(32歳/塾教師)

ひと昔前は、気になる男性からのメールに少し遅れて返信を出すことが効果的な駆け引きであると言われていました。

しかしここ最近の主流であるLINEは、やりとりのテンポの良さが相手との距離を近づけるツール。
理由なくLINEの返信を遅らせることは、「相手から興味を持たれていない」と男性を落ち込ませる原因をつくることになってしまうのです。

(4)話す口実として「お願い」を多用する

『たまに連絡がきたかと思うと「実は○○君にお願いがあるんだけど」みたいな内容。それが何度も続けば、嫌でも都合のイイ男扱いされているのだと思っちゃいますよ』(30歳/営業)

気になる男性に連絡をとったり、話しかけたりする際、何かと口実をつくってしまう女性も意外と多くいます。
もちろん、話す口実として男性を頼るというのは彼の自尊心を高めることにもつながるため、良い結果を生んでくれる場合もあるでしょう。

しかしそれが何度も続くと、男性の方は「もしかして自分は都合のいい男扱いされている?」という勘違いをしてしまいます。
彼に話しかける口実を考えることは大切ですが、毎回同じ口実を使いまわさないようにしましょう。


適度な駆け引きは片思いの恋愛において有効となる場合もあるでしょう。
しかし意中の男性を振り向かせるためにわざと焦らしたり、嫉妬させたりという行為は、時と場合によって男性から勘違いされる原因をつくる可能性があるのです。

今後は勘違いされる可能性のある駆け引きのやりすぎにはくれぐれも注意しましょう。
その心がけひとつで、彼から「この子は俺に興味ない」と思われる心配もなくなるはずです。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)