なかなか彼氏ができない、イイ男がいない……と嘆いていませんか?
もしかしたらそれは、あなたが「現実を見ていない痛い女」と思われているからかも!

今回は男が「現実見ろよ……」と思う女子の特徴について、紹介していきますのでご覧ください。

(1)自分は低学歴なのに高学歴を求める

『馬鹿な女ほど、職業やと収入で人を判断する傾向にありますよね。もっと現実みろよ、って思います』(29歳/営業)

できればハイスペックな彼氏が欲しいと、誰もが一度は考えますよね。
高学歴であれば、高収入な可能性も高いので、将来を考えるとそのような男性を彼氏にしたいと思うのも分かるところ。
しかし、自分は低学歴であるにも関わらず、彼氏に高学歴を求めることに、男性は「現実見ろよ……」と思っています。

男性の中身を見ず、高学歴などのスペックばかりにこだわっている女性に限って、自分のスペックは低いもの。
自分を磨こうとせず、相手にばかり理想を追い求めていると、高望みしすぎていると思われるのです。

(2)運命を信じている

『絶対いつか、自分にぴったりな運命の人が現れるはず!が口癖の女はだいたいメンヘラ』(27歳/会社経営)

”運命の出会い”に憧れることありますよね。
偶然が重なると、「この人は運命の人かも!」と思ってしまうもの。
女性は、そのようなロマンチックな出会いに弱いです。

しかしあまりにも運命を信じていると、男性からは「現実見ろよ……」と思われます。
全ての出来事を”運命”と結び付けてしまうことに、メルヘンを感じるからです。
シンデレラストーリーを夢見ている女性に、ドン引きしています。

また、占いに頼りすぎている女性もNG。
リアルなことには目を向けず、占いの中で恋をしている女性は、痛い女と判断されているかも。

(3)都合のいい女からの本命昇格を信じている

『都合のいいときに遊ぶだけの女の子が本命になる可能性は、ほぼないのに、それを分かってない子結構多いんですよね。彼女になりたいなら最初っから体許しちゃダメですよ』(26歳/アパレル)

都合のいい女からの本命昇格はなかなか難しいもの。
都合のいい女の延長線上に、本命があるわけでは「ない」からです。
男性からしても、都合のいい女と本命とは、扱いが違います。

本気で都合のいい女から本命昇格を狙っている女性に対し、男性は「現実見ろよ……」と思っています。
本命になれるのであれば、そもそも都合のいい女を経由しなくても本命になっているから。
もちろん、可能性がないわけではありませんが、勝率は低いです。

まずは冷静に自分のポジションを確認してみましょう。
本命になることに固執するあまり、素敵な出会いを逃しているかもしれませんよ。

(4)男運が悪いと嘆いている

『私ってホント男運ないの~って言ってる女子は、自分に原因があることを自覚しろよ!って思います』(23歳/学生)

自分には男運がない、悪い男ばかりに引っかかってしまうと、嘆いていませんか?
悲劇のヒロインのように不幸自慢をしている女性に、イイ男は寄ってきません。

男運が悪いと嘆いている女性は、実は本人に問題があることが多いです。
全て男運のせいにしてしまい、自分は悪くないと思っているあなたに、男性は「現実見ろよ……」と、心の中で呟いています。

男運がないことを言い訳にして、不幸な恋に前進してしまっては、いつまでたっても幸せにはなれませんよ。


理想があることは、悪いことではありません。
しかし、現実を見ていない理想は、ただの妄想と思われてしまうかも……。
自分を客観的に見る視点を持つことが、大事ですね。

(文/恋愛jp編集部)