彼のことが大好きで体の相性もバッチリ!
では、彼氏とこれからもずっと一緒にいたいとき、ほかの価値観はどんなものが合うほうがいいのでしょうか?
そこで今回は、身体の相性より大切な相性をご紹介します。

(1)心の相性

『やっぱり、考え方が似てるとか、波長が合うとか目に見えないものの相性が大切だと思います』(26歳/公務員)

大好きでも、心の相性が合わないとずっと一緒にいるのは難しいんです。

感謝する基準が違う、心配しすぎる、思いやりが薄い……。
「あれ?」と感じる多くの違和感は心の相性のズレからきています。

価値観や性格が違いすぎると、お互いを認めるのが難しくなり、すれ違いになりがち。
長く付き合うなら、身体よりも心の相性のほうがずっと大事なんです。

(2)味覚の相性

『好きな食べ物のジャンルが同じだと、一緒にいて苦にならないですよね』(29歳/金融)

大体の人が一日三食とる食事。

明らかに、エッチより食事の回数が多くなります。
だから彼氏との味覚の相性も大事になってくるんです。
特に仲良くなって、同棲なんかしはじめたら、一緒に食事をする回数がぐっと増えます。

味覚のズレが大きいとお互いストレスになることも。
味の濃さ、選ぶ食材、味付け……生まれ育った味覚を変えるのはとっても大変。

味覚の相性のズレはそのまま文句になってしまいます。
食という日常に直結した価値観の相性は、仲良くなって一緒に食事をすることが増えると大きな課題となってくるでしょう。

(3)金銭感覚の相性

『男に払ってもらうのが当たり前と思ってる女、すぐ高いものをねだる女はムリ』(29歳/自営業)

男が敬遠しがちなのが、金銭感覚のズレです。
特に、結婚を意識した場合、金銭感覚が違いすぎる彼女とは未来のビジョンが合わなそうと思いがち。
ブランドものが大好きだったり、いつも外食だったり、貯金がほとんどなかったりすると将来を心配されてしまいます。

また彼女も、彼氏がすぐローンを組む、リボ払いをしている、ギャンブルがやめられない、人にお金を借りることに抵抗がないなどお金の問題を抱えている場合は不信感が募るでしょう。

大好きでも、金銭感覚のズレがあまりにも大きいと一緒にやっていく自信がなくなります。
金銭感覚の相性のズレは、身体の相性よりもずっとシビアです。

(4)笑いのツボの相性

『人を馬鹿にしたりする人より、自分の話で素直に笑ってくれる人がいいですね』(24歳/営業)

一緒に気持ちよく過ごせるという意味では、身体の相性と同じくらい大事なのが「笑いのツボ」の相性。
一緒にいてお互い笑うタイミングや、好きなお笑い芸人が一緒だと、自然と笑顔が増えます。

もし彼女の沸点が低ければ、彼氏が言うちょっと残念なギャグでも笑えるでしょう。
他の人は笑ってなくても、二人が笑えれば楽しそうなカップルに見えますよね。

自然に笑えるツボが一緒なのも、楽しく過ごしたいカップルにはとても大事なポイントなんです。


身体の相性は、付き合っていくうちに経験と慣れで、ある程度カバーすることができます。

それよりも大事なのが、心、味覚、金銭感覚、笑いのツボ。
これらが合う彼氏とは長く一緒にいても楽でしょう。
価値観が合う相手を見つけたら、逃さないように大事にしてくださいね!

(文/恋愛jp編集部)